人気ブログランキング |

ナースマンT君の話

今日は学校登校日だったので、久しぶりにT君と話をしました。
ヤツも、同じ在宅看護の実習にいってるのですが、どうだった?何かあった?ときくと、利用者の家族から、いろいろ言われて看護師さんから、「せっかくきたけど、悪いから帰って。。」といわれたという話を聞きました。

何をやらかしたんだ?と思うと、T君が何かをやったのではなかったんです。
家族の方が、男性の方だったらしく、
「こんな女のする仕事なんかやって、情けなくないのか。」
「誰でも出来る、こんな汚い補助婦でもできるような仕事を男がやるなんて、考えられない。見てるのも耐えられない。もっと別の仕事を探したらどうなんや!」
と帰る間際まで、言われ続けたそうです。
あまりにも、かわいそうと思った、看護師さんが先に帰ってて。。と言ってくれて帰ったらしいのですが・・・。

そんなこと言われたら、凹むよね・・と話してると、ホンマに・・。と彼も言ってました。(そう言われるそのお家の方はプーだったらしく、おまえこそな!と言ってやりたかったそうですが。笑。)

今でこそ、看護職って、専門性が世間でも認められてきて理解されるようにはなってきているように思うのですが、昔の方とかって、偏見じゃないけど、下のお世話をするのが、看護師の仕事って思ってる所あるんでしょうね。
昔は、貧乏で働かないと生活できない人がやってた職業だと、思われていたというか、実際そうだった時代もあったんでしょうけどねぇ。
それに、ましても男ってのが、その方には理解できなかったんでしょう。

大きな声で言いたいですね~。
私らは、何も考えずにみんなに同じ方法で、ただ下のお世話やってるんじゃないんですよ!!
ちゃんと看護独自の視点で、患者の個別性を考えて、科学的な根拠に基づいて計画もたてて、ソレにそって看護をしてるんです!!!
介護と看護は全然違うんですよ~!!!
ちょっとは勉強してくださいよぉ~!!!

っていってるけど、果たしてうちの親もそれを理解してるんだろうか・・・。
毎日技術を磨くために、実習に行ってるんじゃないのだ。
ない頭をフル回転させてることくらいはわかっててほしいなぁ。。
だから、ご飯も食べずに爆睡してることを許してください(笑)

by himenobile | 2005-08-04 00:29 | ♪看護&医療