タグ:奈良 ( 9 ) タグの人気記事

天極堂

b0039246_23462357.jpg



この間、大学時代の友人と奈良に行って来ました♪
ランチすべく、市役所の近くの「天極堂」へ。

前にも入ったことがあるのですが、ここの葛餅美味しいです♪

写真はうどんのセット☆
釜揚げうどん風で美味しかったです。
普通のあんかけうどんみたいなのは、前食べたけどあんまり美味しくなかったかな。


b0039246_23502014.jpg
で、これが葛餅。

ナニが最高って、黒蜜なんですけどね~。
黒蜜好きなだけだったりしますが、葛餅も作りたてで臭みもないし、美味しいです!

お土産に、母にゴマ豆腐を買って帰ったのですが、これがまたとっても美味しかったでそうです。
鮎屋の郷でも買ったけど、鮎屋のは不味かったそうです。
値段は鮎やのほうが倍近くしましたが・・・^^;
ちなみに、私はゴマ豆腐嫌いです・・・^^;
[PR]

by himenobile | 2009-05-28 23:51 | ♪グルメ

奈良の釜飯やさん・志津香

b0039246_21534581.jpg


いつも大行列なのですが、奈良の釜飯屋さん、志津香の行列がなかったので夕方入ってみました。
行列はなかったけど、中に入ると一組のおまち~。

ここの釜飯屋さん、美味しいと有名なのでかなり期待をして入りました。
b0039246_2156588.jpg

私が頼んだのは、きのこの釜飯。
釜飯はすっごく、自然な味でなるほど~と思いましたが、最後のほうはちょっと飽きてしまいました。
しかし!
釜飯より美味しい!!と感動したのは、この煮つけの一品!

すごく綺麗で、そして美味しい~~~~!!

もっと食べてみたいな~と思ってしまいました。
ここの店で会席とか食べてみたいですね。
ないけど。


旦那君の頼んだのは、なんかスペシャルっぽいテンプラつきのんです。


b0039246_2205090.jpg



贅沢です(笑)
[PR]

by himenobile | 2008-11-08 22:01 | ♪グルメ

そうだ奈良へ行こう(笑)

b0039246_172377.jpg
久しぶりに奈良に行きました。
見たいもの、特になかったのですが、ブラブラできるなら公園あたりを・・・。

それが、また正倉院展と、食べ物のフェスタみたいなのが重なって、大混雑・・・。
駐車場にとめられるまで、家から1時間半もかかりました・・・。

もう、へとへと・・・。


b0039246_17433.jpg
少しずつ紅葉してきていました。

それにしても、すごい人です。

少子化少子化といわれていますが、ほんまかいな?って思うほどのオコチャマ、親子連れです。
b0039246_18897.jpg

鹿は鹿せんべいをたんまりもらえて、満足そうでした。
b0039246_19447.jpg

四天王がいるところっす↑はぁはぁ・・・。

b0039246_183753.jpg


b0039246_194126.jpg
特にあてはなかったのですが、久しぶりに立体曼荼羅(?)でも見てみるかと思って法華堂へ。

b0039246_1101776.jpg
初めて見たときの衝撃はなかったけど、やっぱり迫力ありますね~。







じ~~~っとみてると、増長天が「ロバート」の秋山君に見えてきました・・・。









え?私だけ?









人は多いけど、やっぱり奈良はいいですね。

b0039246_1103951.jpg

くつろげる場所がたくさんあって、いいです。
b0039246_1105899.jpg


b0039246_1111896.jpg



b0039246_1113738.jpg



b0039246_1121969.jpg



b0039246_1123748.jpg



b0039246_113025.jpg



b0039246_1132569.jpg



b0039246_1134414.jpg


お水取り寒かったな~~~。
寒さを思い出してしまいます。
b0039246_1145750.jpg


ここの道大好き。
何回通ってもいい!

b0039246_1152869.jpg



b0039246_1155267.jpg



b0039246_1161690.jpg

夜の興福寺も大好き。
何回見てもいいねェ。
しかも、いつもライトアップ。
おおきに。
b0039246_1164918.jpg

猿沢池もいいね~。
しかし、ライトアップ怪しすぎる(笑)


家の近くにこういうのがあればいいのにな~。
まったりできていいな~。
[PR]

by himenobile | 2008-11-02 01:17 | ♪着物

興福寺界隈





北円堂前からみた興福寺。



ああ・・・・日本の美・・・・はうぁ・・・
[PR]

by himenobile | 2007-11-13 16:20 | ♪旅行

奈良らら♪

b0039246_242456.jpg
今日は久しぶりに

心のふるさと奈良
へ行ってきた。

紅葉がちらほら・・・といったかんじで、これからどんどん色づいていきそうでした。


今日はあいにくの天気だったんだけど、本日もまた稲荷霊のパワーが炸裂!!
相棒は「おそろしい・・・・」とつぶやいておりました。


行く先々で私が外にでると晴れるんですね。
でも逆に・・・

車に乗ると雨。
食事処に入ると雨。
建物(本堂など)の中に入ると雨。


そして、雨は振ってるけど、そろそろ行こか・・と言って外にでると晴れてくる。

たまたまなんでしょうが、あまりにも重なると・・・・^^;
というわけで、アタシと出かけると雨にぬれずにすみますよ~☆

こちらのレポもまた今度w
[PR]

by himenobile | 2007-11-12 02:04 | ♪旅行

教育基本法の改正

b0039246_2075736.jpg
教育基本法の改正

詳しいことは忘れたが、「愛国心を持った人間を育てる」
こういった内容を盛り込んだ、教育へと変化させていくらしい。

愛国心・・・
そもそも愛国心ってなんなのか。
字のとおり「国を愛する心」という意味だろうが、あまりにも漠然としている。
総理である、安倍さんは「美しい国日本」とよく言ってるけど、具体的にその美しさはどういうことを指すのだろう。
本も出版されているので、それを読めばわかるのだろうけど、安部さんのいうその美しい国、日本観を述べたところで、その美しさに賛同するのは10人中何人いるのだろうか。

ここで私がいいたいのは、総理である安部さんの美的感覚を批判しようというのではなく、美しいと感じる、もっと深い核心的な部分を言いたいのだ。
美しいと感じたり、何かを愛する心というのは画一化されたものではない。
人によって、食べ物の好みが違うのと同じで、感じ方も人それぞれだ。
このような主観的な感情を教育法の中に取り入れるというので、ぎょぎょっとしたのだった。
教育の中で、愛国心を植え付けようとして、本当に愛国心が生まれ、育まれるのだろうか。
形や上っ面だけの教育や時間に限りのある学校でどこまでできるのだろう。
もちろんある程度の知識や、教養を教えることは必要だと思うけど、「愛国心」という言葉からもわかるように、問題は心なのであって、心まで国が支配するというのはちょっと奢り過ぎているというか、大それたテーマであると感じる。
一歩間違えば、北のように、はたまた戦時中の日本に逆戻りするのと同じではないのか。

ここ最近の社会は何かがおかしい。
正しい方向へ進もうと模索しているのは、よくわかるがどうも歯車がかみあっていないような気がする。

何か事件が起これば、事件がおこらないよう対策が必要となる。
答えのでない問題にでも、何かしら社会は責任を負わなければならないので、その対策をたてる。しかし、それらの対策は事の核心をつくものではなく、その場しのぎのものであるような気がしてならない。
最近取り沙汰されている、虐待やいじめにしてもそうだ。
責任は学校や社会、国の制度にあると自分以外の外側へ矛先が向けられることが多い。
もちろん、社会面で問題があることも多々あるが、すべてそちらの方向で解決しようという流れがあるような気がしてならない。
自分や身の回りを振り返ることよりも、まわりのせいにしたほうが楽だし、そうした方が都合いいこともたくさんある。
この問題については、また別で書くとして、とにかく愛国心を育むような教育というのがどのようなものになるのか楽しみだ。


私が個人的に、日本に生まれ育ち、よかったと思える瞬間はかつての日本を思い、ロマンに浸るとき。
ずっと奈良が好きだと書いているように、奈良大和路の素朴な土地や風景に触れる時、そういった気持ちが沸々と湧いてくる。
生憎、わずかな歴史や知識しか持ち合わせていないが、このようなお粗末な知識でも自分の感じる心さえあればそれらは芽生えてくるのだ。
要は感じる心が大切なのだと思う。

私の好きな入江泰吉さんの本に書かれていた文章。
私と同じだと深く感動したので、締めくくりにこの文章を引用したい。

b0039246_20134942.jpg
「たとえば飛鳥を歩くとき、そこには昔を偲ぶ明確な目標になる堂塔というものはない。
飛鳥といえば日本の都市文化が形成された最初の発祥の地といわれているが、現代ではそういう形の上での遺産はすべて滅びてしまって、見る影もない廃墟である。けれど、そこに静かに眠っている大和三山の自然のたたずまいを通して昔の飛鳥の盛時を思い浮かべることはできる。飛鳥川にしても、おそらく万葉びとが見たのと同じ川の流れがそこにあるということでイメージを広げることができるはずだ。
そして、その川のほとりをそぞろ歩きする古代の人たちが何を語り、何に心を動かしたかを思い描いてみることは、逆にそこの風景が生き生きと、甦ってくるように感じられるのである。
言葉をかえていえば、こうすることによって私たちは、すぐれた祖先をもったことに誇りを抱くようにもなるし、大和を訪れたことを喜ぶ気持ちも湧いてきて、古代の人たちや大和への愛が芽生えてくるだろう。 」 「大和路のこころ」より引用
[PR]

by himenobile | 2006-11-21 20:08 | ♪うらら日記

心は奈良

b0039246_22252615.jpg
最近、現実逃避からかもしれないけど、奈良、仏像、神社病がヒドイ。

寝ても覚めても、そのことばかり。
だけど、仕事方面の勉強もしなくちゃ・・・とあせっている。

あせって、机に向かうが、その手の本ばかり読みふけってしまう。
ちょっと神様の系譜が暗記できるようになってきた。
嬉しい。
でも、知れば知るほど、神社歩きはやめられない。

犬養孝先生の弟子になりたかった・・・(夢がデカイ)


あああ・・・・
というわけで、奈良ブログ、いや、旅行日記ブログの更新がすこぶる著しいこの頃。
コチラにはちょいとお暇をいただきまして、せっせと奈良日記をつけたいと思います。

今日は久しぶりに飛鳥に行ってきたけど、むっちゃ良かったよぉ~
家の物件調べたりして、本当に住もうかと考えたくらい☆

みなさん!
時代は奈良です!
いや、日本人の心のふるさと奈良にかんぱ~い♪(酔っ払い)
[PR]

by himenobile | 2006-11-03 22:26 | ♪うらら日記

奈良三昧

b0039246_23543625.jpg
最近奈良が恋しくて恋しくてたまらない。
ほとんど病気だ。

今日は休みだったので、夕方からは同期の子と勉強会。
それまではどこかに行こうともくろみ、京都探索でもしようと地図を眺めていたのだが、しっくりこない。
心は奈良にある。
というわけで、先週行ったばかりなのに、また奈良に行ってきた。

前回はこまごましたお寺、神社、石碑などをみてまわったが、今回は4つの大物のお寺を巡る。
一度行ったこともあるところだが、再び参るのだ。


そう、季節は秋。
秋は秘仏公開の季節である。
私にとってはムフフな季節だ。

しかし・・・
季節柄もよいことと、秘仏公開、日曜日ということが重なり、すごい人出であった。
そういえば、正倉院展が先週から始まった。
その影響もあり、奈良公園はとんでもないことになっていた。ディズニーランドも真っ青の混みップリ。正倉院展に並んだ人は、一体どれくらいの時間を費やし、宝物にたどり着けたのだろうか・・・。

もちろん周辺の道路も混んでいたので、くたびれてしまった。


しかし、まわったお寺の堂内に奉られている観音様や、如来は本当に美しかった。
流石秘仏だわな。
と納得させられるものばかりだった。

しかし、ビッグなお寺はお金があるのか、いやに小奇麗でいて落ち着かない。
京都のお寺の雰囲気に似ている。
ああ・・・

私はこんなのを求めてきたのじゃないんだぁ・・・


そう感じ、先週行ったばかりの「新薬師寺」へ再び参って来た。
ここには薬師如来とそれらを取り囲む、十二神将がいるのだ!!


十二神将の肉付きのすばらしさ、迫力、そして有無をいわせぬ美しさ・・・


ここは何度来ても、素晴らしい。
年間パスポートがあれば真っ先に買うぞ。
それほど魅力のあるお寺だ。


十二神将・・・本当にかっこいい。
かっこよすぎて陶酔・・・
意識が遠のく・・・
何度も何度もグルグル堂内をまわった。


そしてまた、うっかりレプリカ神将を買いそうになった・・・
あぶないあぶない。
でも、いつか自分の部屋に十二体の神将を並べてうっとりしてみたい・・・


そんなこんなで、奈良を満喫し、その後は勉強会にいそしみ、クタクタな一日であったが
充実した一日でした♪
[PR]

by himenobile | 2006-10-29 23:55 | ♪うらら日記

ならららら

b0039246_2319916.jpg

昨日は一日家で寝ていたので、今日はふらつく体をなだめながら、奈良に行ってきた。
女一人、ぶらり奈良。

一人ででかけるのって、寂しいときもあるけど、楽しいことも多い。

同じように一人で、東京から来ていた、かわいい女の子と話す機会があって、一人もいいもんだなぁと思った。
春日大社の僧?からもいろいろなことを教わった。(この僧、一人でいる女に声をかけるようだ。私も一応、女で良かった。)

そして、楠の木をいただいた。
持ち帰っては罰が当たるのではないかと心配したが、その僧はかまわん!といったので、持ち帰った。
今、私の部屋は楠の木の香りでとても気持ちがいい。
楠って香木なんだなぁ。

やっぱり癒されるには奈良に限る。
一人で行く、奈良も格別のものだった。

このレポートはまたのちほど。
[PR]

by himenobile | 2006-10-20 23:19 | ♪旅行