ランブイエからモンパルナス駅へ

b0039246_15145622.jpg



タクシーを乗るのもこれで最後か・・・。
チップをはずむと、ドライバーさんは喜んでおりました。

ランブイエ駅に到着。
これから、モンパルナス駅へ向かいます。

b0039246_15165422.jpg



いろんな車両があるんですね~~。
昨日二回電車に乗りましたが、それぞれ違います。

二階建て~♪

b0039246_15174913.jpg



電車好きなので、いろんな車両に乗れて嬉しいです。
車窓の旅っていいです。
バスもいいけど、やっぱり電車がいい!


b0039246_1519073.jpg


この国鉄って・・・
本当にヒトが乗ってこないんだけど・・・
経営大丈夫なんでしょうか・・・


朝とか満員電車になるんだろうか・・・?

郊外は電車じゃなくてみなさん車にのってでかけるのでしょうか。


b0039246_15203110.jpg



車窓です。

b0039246_1521462.jpg



b0039246_15213611.jpg


モンパルナス駅に到着!
意外と近代的な建物でびっくり。
すっごく綺麗でした。
飛行機のターミナルかと思った(笑)

b0039246_15224032.jpg



駅前ではアイスリンクがあって、スケートを楽しんではりました。

すげ~。
駅前でスケート!


地図を確認して、これから街歩きです♪
[PR]

by himenobile | 2008-09-24 15:23 | ┗ イギリス・フランス

シャトーエスクリモン その4 (フランス編)

朝の散歩を堪能。

もうすぐこのホテルともおわかれ。


私がとまったのは2階の部屋だったので、他をウロウロしなかったため、帰る前にこっそり探検!
上の階などをめぐってみます。



b0039246_1335399.jpg



b0039246_13361256.jpg



b0039246_13364119.jpg


お。
なんか木の梁がでてきた!
山小屋風。
部屋の中はどうなってるんだろう・・・。
気になる~~。。

b0039246_13374367.jpg



お~おきなのっぽの古時計♪


フロントにおりて、会計をすませて、タクシー待ち。

ティーラウンジで待つことに。

b0039246_13385576.jpg



ここもまた違う雰囲気でかわいい!素敵!!


b0039246_13401513.jpg



窓辺でたたずんでみる・・・


はう・・・


b0039246_13411368.jpg







奥の部屋。


b0039246_1342073.jpg



お城らしく、部屋がいくつもある。


b0039246_13431425.jpg


そのお隣の部屋。

赤と緑。
この色袷が素敵。
上品。
ブラボー。


b0039246_13443090.jpg



今日の予定を確認中。


b0039246_13453840.jpg




鏡の前に現代アートを販売していますの図。

これ、いらないんじゃない?笑


b0039246_13465763.jpg



お迎えが来てしまいました!
ホテル前から、お城の入り口までも結構な距離があります。
タクシーの中から、門を記念にパチリ。


さよなら!
シャトー!!
さよなら、パンを追い求めてつけまわされた白鳥さん(笑)


b0039246_13483246.jpg



ちなみに、ここのホテルではウェディングみやってるみたいです!
こんなところで、結婚式できたら最高ですね。
両親もここに泊めることができるってのが嬉しい。
自分達だけだと、ちょっと罪悪感・・・。
あまりにも素敵だったので。


またいきたいな~。
[PR]

by himenobile | 2008-09-24 13:56 | ┗ イギリス・フランス

シャトーエスクリモンその3 

久しぶりにヨーロッパ旅行記の続きを書いてみたいと思います。

フランスのパリで一泊して、ヴェルサイユいって、ランブイエのシャトーに泊まった。まででした。
そのシャトーでの朝からを書いてみます。


夜はシャンパンとワインをのんで、ベロンベロンになってしまいバクスイしてしまったのですが、朝のめざめはスッキリ。


しかし、ランブイエの朝はなかなかあけない。

b0039246_12592777.jpg




ようやく明るくなってきたので、頼んでおいた朝食。
部屋食にしました!
緊張せず、ゆっくりした気持ちで食べたかったのもあり、また部屋が素敵だったので、レストランにおりずにココにいたかったってのもあったので、部屋食に。

「グッドモーニング!」と素敵な笑顔で大きなトレーにのせて朝食をもってきてくれました。

b0039246_1315496.jpg


すっごい、ボリューミーです!!


そして、パンの美味しいこと美味しいこと!
昨日食べた、「エリゼパーク」のパンも美味しかったけど、ここのホテルのパンも美味しい!どっちも美味い。
朝からパンを食べるのが苦手だった私も、全然苦痛なく食べれます!
最高!

b0039246_1333598.jpg


素敵な一輪のバラ・・・・・



はう・・・・



素敵過ぎる。。。




b0039246_1345776.jpg




b0039246_1354050.jpg




さらに明るくなってきました!


残ったパンをもって、お庭へでます。



b0039246_136378.jpg




空気がとっても澄んでいます。
そして相変わらず、鳥のさえずりしか聞こえません。


b0039246_1374336.jpg




b0039246_1382964.jpg




この景色・・・



そりゃ名画が生まれるわけだ・・・と妙に納得。



b0039246_1393854.jpg




b0039246_1310674.jpg




自然がいっぱいで、たくさんの動物をみかけることができます!
なんか、かわうそか、ビーバーみたいなのも泳いでて、巣に帰っていきました。


b0039246_13112679.jpg




ゆったりと朝食をとって、のんびり朝の散歩をして・・・・



なんて優雅な朝!



自分の人生の中でこんな経験プログラムが用意されていたなんて、自分でもオドロキです。
なんてったって、朝が一番苦手なんですから・・・・^^;







b0039246_13172670.jpg

[PR]

by himenobile | 2008-09-24 13:20 | ┗ イギリス・フランス

シャトーエスクリモン その2

ホテルのお庭を散策します。
なんか、ヴェルサイユ宮殿の縮小版みたい。
錯覚か・・・。


b0039246_1440265.jpg

エントランスから裏へまわります。

b0039246_14403794.jpg


それにしても凄い建物。
鳩もたくさんいる~。
古い。

b0039246_14411849.jpg

本館とは別に同じ敷地内に、離れもあります。
かわいい!
b0039246_14415175.jpg


b0039246_14422122.jpg

b0039246_14424664.jpg

振り返ってみた、本館

b0039246_14433433.jpg

b0039246_1444848.jpg


とにかく広い。

b0039246_14444623.jpg

b0039246_1445107.jpg


b0039246_14454512.jpg

b0039246_14461643.jpg


古い井戸らしきものも!

b0039246_14465760.jpg


メインのお庭へ行きます。
ホワイト&ブラックスワンを発見!!

b0039246_14475880.jpg

大きな池?のまわりを散策します。

b0039246_14484268.jpg

b0039246_14491930.jpg


帰り道。
だんだん暗くなってきました。
夕方6時くらいでしょうか?

b0039246_14501855.jpg


そして、ディナーです。

フランスにきたんだから、フランス料理っちゅうのを堪能させてもらいまひょ!

b0039246_14511964.jpg


b0039246_14522315.jpg

窓の外はさっき見た池のあるお庭です。
でも暗すぎて・・・みえね~!

b0039246_145318100.jpg


最初にもってきてくれた、ラスクみたいなもの。
いろんな味の練ったものをつけて食べるんですが、これがめちゃうま!!
なんやろこのディップは?
と考えるけど、考えてるうちにシャンパンがまわってきます。
ここででた、シャンパンめちゃくちゃ美味しかったんですよ。
あんなに美味しいシャンパンを飲んだのははじめてです。
でも、かなりアルコールが・・・まわりました。
がぶ飲みしちゃったわ~。

b0039246_14553060.jpg


これ、なんだったかしら。
すっごくふわふわしてて、美味しかったです!!!

b0039246_14562386.jpg

トリュフー!
ビネガーソースが美味かった。

b0039246_1457970.jpg


フォアグラ!!
でけぇ。

b0039246_1458530.jpg


メイン!の白身魚。でも、味が個性的過ぎてあんまり食べれなかった。

b0039246_14585115.jpg

これなんだったかしら。
鴨肉だったような。(相方のメインです)

b0039246_1501091.jpg

んで。チーズ。
フランス?ではチーズにジャムなんかをつけて食べるそうな。
あと、ドライフルーツも一緒にいただくらしい。
ワゴンでいろんなチーズをもってきてくれて、そこから、選びました。
が、普段からプロセスチーズととろけるチーズしか食べられない私には無理な難物でした。
ドライフルーツは美味しかったデス。

b0039246_152694.jpg


で、デザートとお茶請け。
このデザートの出し方が、またキュート!
この小瓶欲しかったな~。
お米で作ったものもありました。
デリシャスではなかったけど、面白かった!が、これも全部食べきれず。
胃袋小さいので、もうちょっと食べられる胃が欲しい・・・。

コーヒーもついてきたらしいけど、シャンパンとワインでベロンベロンの私らはベッドを欲していたので、「コーシーはいいっす!」といって立ち去りました。
けど、ディナーにかなりの時間を費やしましたよ。
他の人は食べるのが早いのか、私らよりも後に来た人が帰ってましたね。
いや~しかし、ちょっとグラスが空くと、ササッとつぎにきてくれるのはちょいと緊張しました。でも、ワインが飲めなくてごめんね~~。ソムリエさん。
最後のほうはエビアンばっかしついでもらってました(笑)

b0039246_1573252.jpg


部屋に帰ってまた水をがぶ飲み。
頭クラクラ。
二人でバクスイ。
b0039246_158213.jpg


そ~れにしてもなんだここは~~~と酔っ払いながらベッドから撮った写真。
b0039246_1591381.jpg

b0039246_1595413.jpg

お化けがでたら怖いので、テレビはつけっぱなし。
でも、怖さもなんのその。
一日の疲れがどどっとでて、さらにアルコールでやられたので、何の問題もなく、寝ちゃいました。

は~い。お疲れ様。
[PR]

by himenobile | 2008-06-12 08:13 | ┗ イギリス・フランス

シャトーエスクリモン

フランスのメイン、シャトーエスクリモンへ向かいます。

ランブイエ駅は急行もとまるし、そんなに田舎じゃないだろ~と思ってたんですが・・・。
タクシー一台もいないし。
で、外にはタクシーを呼ぶ電話がポツンとあるだけ。
どうしよう・・システムもよくわからんぞ・・・でも、やるしかない!とかけてみたけど、フランス語さっぱりわからず、あっさりチーン。

あ~~~~~~!!!

にっくきフランス語!!(涙)

しゃーない。
次の手段。
幸いにも駅前にカフェを発見。
そこのお店の人にタクシーを呼んでもらおう。
作戦。

カウンターに行って、笑顔の素敵なお兄さんにタクシー呼んでもらえませんか?というと、「いいよ!」と気軽なかんじで、電話してくれました。




えらく長い電話。
何かトラブル?
でも、フランス語わかりましぇーん。

ちょっと困った顔でお兄さんが片言のエイゴで説明してくれました。
たぶん、
「1時間待たないとタクシーこない。
パリからくる。」
みたいな事を言ってる。

1時間?ってビックリしたんだけど、仕方ない。
歩いていけるわけでもないので、お願いします。と頼む。
「ここで待ってていいよ。
何か飲むかい?」って聞いてくれたので、迷わず「ショコラ!ドゥー!」

b0039246_146564.jpg


また、このショコラが美味しかった~。
なんで、フランスのショコラはこんなに美味しいんだ?
驚く美味さ。

b0039246_147494.jpg


今日の振り返りと明日の行動計画を復習して、ぼへ~~として1時間過ごしました。
席の後ろでは、ビリヤード台に串刺しになったサッカーゲームが設置されていて、会社帰り?の方たちが白熱試合をやってました。
私たちはテーブル席に座ったのですが、おじさんたちは、みんなカウンターでお酒を頼んで、くっちゃべってました。
立ち飲みって向こうの人は多いですね。
テーブルだとサービス料金とかとられるんでしょうか?
よくわかりませんが、一杯のお酒のんで、しばらく時間を過ごして帰っていく人がたくさんいましたね。
犬の散歩中の人も寄ってたりして、なんかすごい日常やな~と思いました。

で、1時間たったころに、お兄さんが「来たよ!」と教えてくれて、笑顔で送り出してくれました。
この旅の中で、好印象ナンバー3にランクインするくらい、めちゃくちゃエエ人でした。
カフェの中での働きっぷりも良かったんですよね。
また会いたいなぁ。

ランブイエ駅をでると、小さな町があって、少し過ぎると田園が続きます。
超田舎。
こんなところにホテルがあるんかい?
って感じですが、暫く走ってると、すげ~~城が見えてきました。

マジ?ココ?
とびびってしまうくらい、お城でした(笑)
うちらが泊まってもいいのだろうか・・・とドキドキしましたが、タクシーはホテルの前にとまります。
意を決して入り口に向かうと、素朴な笑顔の女の方が迎えてくれて、ほっとしました。


b0039246_14154143.jpg



デデーーーン

お部屋は2階。
ちょっと古いエレベーターに乗ってお部屋へ案内されます。
ここでは、エイゴをしゃべってくれました。

b0039246_14172570.jpg


これが入り口からみたお部屋!!

b0039246_1418651.jpg


ベッド!!


b0039246_14185825.jpg



クローゼット!!
b0039246_1420090.jpg


暖炉!!

b0039246_1421368.jpg


入り口に向かって写真とった一枚。

b0039246_14222224.jpg

窓のすぐ下。

b0039246_14285426.jpg

バスルーム
窓があって、外の庭を眺められます!

b0039246_14293676.jpg


別にあるシャワールーム。タオルかけがあって、タオルが温まっていました。
すげ~。

b0039246_1423542.jpg

廊下。

b0039246_14234217.jpg

廊下からみた建物。

b0039246_14245584.jpg


b0039246_14253645.jpg


b0039246_1426174.jpg


b0039246_14265637.jpg


b0039246_1428359.jpg


外に出てみます!
お庭散策です!
[PR]

by himenobile | 2008-06-11 02:54 | ┗ イギリス・フランス

ヴェルサイユ宮殿その2

寒空の中、1時間並んだ疲労と寒さで疲れていたのか、思っていた以上にベルサイユの感動は・・・・少なめでした。。
タハー。

でも、写真は撮ってきたので、興味のある方はどうぞ。


b0039246_13142278.jpg



b0039246_1315624.jpg


b0039246_13153759.jpg


b0039246_13161598.jpg


b0039246_13171276.jpg


b0039246_13185153.jpg


これが、鏡の間です。
有名ですよね~~。
綺麗でしたが、人が多かった~~。

b0039246_13195698.jpg


b0039246_13205598.jpg


b0039246_13213785.jpg


b0039246_13222628.jpg


b0039246_1323884.jpg



これ、王様の寝室だったかな。

b0039246_13235919.jpg



b0039246_13242967.jpg


これがマリーアントワネットの寝室。
だったと思う。

b0039246_13254852.jpg


部屋からの眺め。
お庭です。

b0039246_13312972.jpg


b0039246_13315749.jpg


ヴェルサイユ内部これにて終了。

早ってかんじでした。


あとはお庭を見てまわります。
b0039246_13331097.jpg


b0039246_1333567.jpg


b0039246_13343914.jpg



広ッ


なんじゃこりゃ~ってかんじの広大な敷地。
規模のデカサにたまげた~~~~(笑)

b0039246_13375036.jpg


b0039246_13383825.jpg


b0039246_1339265.jpg

噴水のところから、宮殿へむかって帰ります。
結構な距離があります。

b0039246_13401840.jpg


b0039246_13405078.jpg


お決まりのポーズ。

b0039246_13413839.jpg


b0039246_1342786.jpg


お手入れが大変そうです。

b0039246_13424789.jpg


b0039246_13441426.jpg


b0039246_13445315.jpg


そして、ヴェルサイユを後にします。

次は、今夜のお宿、古城ホテルをめざします。

で、また国鉄。
でも到着したのは、ヴェルサイユ・りヴ・ドロワ駅。
次はまた違うヴェルサイユの駅。
ややこし~~。

b0039246_13464420.jpg


b0039246_13473788.jpg


ランブイエ行きを探します。
ここの窓口のお兄さんは陽気で楽しかったです。
日本人とは言って無いのに、日本人だとわかったらしく、「ありがとね~」と言ってくれました。
なぜわかるんだろう・・・。


b0039246_13495059.jpg


急行列車の中。
めちゃ綺麗!これ、追加料金とかとられたらどうしよう・・・って思ってたけど、普通の急行。
嬉しいですね~。
駅員さんに「ランブイエ?」ってきくと「イエスイエス!ネクスト!」と言ってくれたので、安心して乗り込みました。一応ね、確認しとかないと。
急行なので、次の駅で降りるようです。
アナウンスではフランス語、エイゴが流れます。

b0039246_1353066.jpg

テーブルつき!
前日に買ったマカロンの残りを食べました。

b0039246_13535670.jpg


ランブイエに到着です!
[PR]

by himenobile | 2008-06-09 23:18 | ┗ イギリス・フランス