「ほっ」と。キャンペーン

トラベリックスⅢ

b0039246_1204410.jpg
おかんから、「今日はイギリスの旅がとりあげられてるよ!!」と二回も電話が鳴り、「何回もうっさい!」とけんか腰での対応をしてしまいましたが、トラベリックスのロンドン、ノッティングヒルの旅はなかなか楽しかったです。


これみたら、ほんまに今すぐにでも行きたくなってしまいました。
ロンドーーン!
コッツウォルズー!!


そして、まだ訪れたことのない、湖水地方にも是非是非行ってみたいです!!


明日結婚式をあげる、O先輩は新婚旅行にヨーロッパを選らばはりました。
うふ。
アタシのおススメもあったので、ぜひ!ロンパリ行ってください!と言ってたら、ロンパリ+イタリア旅行にされたようです。

てんこ盛り~~~~♪
うらやましい・・・。


でも、なぜかツアー。
最初は私達みたいに、宿と飛行機を予約していくプランにしようと思っていたらしいのですが、知らない異国の地では、ケンカをしてしまうことが多く、せっかくの旅行が台無しになることが多々あるとの説明をうけ、ツアーにされたようです。。。。

ふーむ。

ケンカねェ・・・・。


私達はどっちも日本語以外話せない同士で、もちろん一緒に海外にいくのもはじめて。
はじめての土地で、自分達で電車乗って、移動して、お店を選んでご飯も食べて・・・と旅ならではの醍醐味を存分に味わいましたが、ケンカは一切なかったです。
相手に、あれやってこれやって!っていう押し付けはしなかったし、お互いに頑張ったし失敗も思い出になったし、いい旅行だったと思います。
時間のロスはツアーに比べたらあるかもしれませんが、その分自分の足でその日好きなところにいけるのがいいんですよね~。食べ歩きして、お腹いっぱいになったら夜は夜食を買い込んでホテルで食べるという手もつかえましたし。
ついに手が出せなかった「デリ」に次は挑戦したいと思いますが・・・。

バスに乗って観光地ばっかりをまわるのもいいとは思うけど、その街に住む人たちのように、町や村をブラブラ歩いてぼんやりするのって、本当に贅沢な旅だと思います。

そういう時間が人生の中でなかなかとれないのが寂しいですが。
特に男の人は・・・・。
新婚旅行しか、長期休暇がとれないなんて、終わってると思う。
もうちょっと、バカンスの見直しもしたらどうなんすかね、この国は。



あ~それにしても、身近な人がみなヨーロッパに旅立つのがうらやましい。
私も行きたいよ~~。


ツアーでもいいし行きたい。。ううう。。
そういえば、イギリスのツアープランは、ロンドン塔と市内観光があがってたな。
あ~~~!!!
あれじゃ、イギリスのよさはわかんないのに~~!
やっぱ、コッツウォルズはいかなきゃならんでしょう。

さて、小関由美さんの本でも眺めますかね~~。
[PR]

by himenobile | 2008-09-15 01:24 | ┗ イギリス・フランス

もし生まれ変わったら・・・

こないだ、電車に乗って、先輩と話をしていたときの話題。

看護師という職業は好きでやってるので、嫌いなわけじゃないけど、もしも来世生まれ変わったら、又看護師をやるか。
才能とかそういうのをすべて抜きにしたとして、やりたい職業はなにか。

と、小学生の卒業文集にかくようなネタで盛り上がっていました。




まぁ、二人とも、他に才能があるなら、看護師はやらねぇなぁ・・・という話になったのですが。


このK先輩は来年すぐにオーストラリアへ語学留学されるので、海外での仕事もしてみたいと言ってましたが、普通に保育師したいと言ってましたね~。保育師なら、今からでもやれますが・・・。あとは芸能人、もいいな~とおっしゃってました。


で、私はというと、、、、。


音楽好きだから、何か音楽に携わる仕事も楽しそう。
バイオリニスト、ピアニスト・・・一瞬考えましたが、私の性格では勝ち抜けそうもないし、大衆の前で演奏する度胸はないので、性格的にムリ。
素敵だな~とは思いますが、たぶん縁はない。
オケの一員ならやってみたいかも。

で、次に浮かんだのは、漫画家。
いいっすね。
コレ。
これは実は幼い頃にも描いてた夢でした。

漫画は好きなほうだし、絵をかくのも嫌いではない。(上手い下手はおいといて)
そして、何より魅力的なのが、個人の仕事。
もちろん、売れっ子漫画家になると、アシさんも雇わないといけないし、全くの一人では仕事できないし、締め切りもあるし、ネタもどんどん考えていかないといけないし、勉強もしなきゃならないし大変な職業ではあると思います。でも、もし、こういう才能があるのなら、私は迷わず漫画家を選ぶかな。
基本一人好きなので。

小説家とかでもいいけど、でもやっぱり漫画のほうがいいかな~。
絵を描くほうがいい。


あとは、旅行関係のお仕事とか。
結婚した旦那が、海外勤務で、イギリスに住んでて、副業として現地でツアー案内する仕事。
とか(笑)

あとは~自分のお店もつとか。
カフェ&バーみたいなのいいっすね。
でも、経営とか大変そう~~やっぱ、これはやめ。



そうか、妖怪博士になって、どっかの大学の教授になる。
あ~コレいいわ。
人前に立って、話すのは苦手だけど、好きな分野なら、一人でダラダラしゃべれそう。
そういう系を好きな人が集まってくるわけだから、楽しいしね。
学生と一緒にフィールドワークする。
毎年違う学生がくるから、フレッシュな気分にもなれるし・・・。
う~~ん。
いいわ、コレも。
民俗学博士。
夢ですね。
民俗学かじったものとしては。。。


考古学者もええけど、やっぱし民俗学のほうが面白いです。



今一番の夢はバイオリンを習って、仕事やめて、イギリスコッツウォルズに一年住むこと。
一生じゃなくていいから、とりあえず一年。
旅行じゃなくて、生活をしてみたいです。



夢の話って、楽しいですね。
妄想バンザイ!
[PR]

by himenobile | 2008-08-15 01:50 | ♪うらら日記

コッツウォルズ ブロードウェー

b0039246_23232236.jpg
最後のコッツウォルズはこちら。
ブロードウェー。


b0039246_2323477.jpg
ここも小さな街なんですが、ストリートをのんびり歩くのは楽しいです。
昔の宿場町だったかな。
ブロードウェーというだけあって、大きな道路がメインに走っています。

b0039246_23241627.jpg

八百屋さん!
中には、ジャムやチーズ、ハムなどいろんな食材が売っていました。
でも、ディスプレイがどれをとっても素敵。
なんでこんなに普通のものが絵になるんだろう・・・。
不思議でたまらん。


b0039246_23255059.jpg

b0039246_23261652.jpg

b0039246_23263991.jpg


チャリダー発見。
どこかの宿に泊まって散策してはるのかなぁ。
いいなぁ~。
コッツウォルズの村々って、車で20~30分くらいでいけるから、サイクリングも気持ちいいかもしれませんね。畑をすりぬけて、風が気持ちいいだろうなぁ。
時々乗馬中のお馬さんとも出くわすのもいいよな~。

b0039246_23283815.jpg


b0039246_23292530.jpg

b0039246_23295362.jpg

b0039246_23301821.jpg

b0039246_23305476.jpg

b0039246_23312642.jpg


キュート!
どんな人が住んでるんだろう~。
お茶に誘ってくれないかしら・・・。
b0039246_23321964.jpg

b0039246_23324399.jpg

b0039246_23331050.jpg

b0039246_2334148.jpg


b0039246_23343150.jpg

b0039246_23351271.jpg


ショッピングできるところ。
無料のトイレもあります!

b0039246_2336848.jpg
キャンドルショップ!
すごいニオイ。買っちゃったけど。
b0039246_23365127.jpg

キャンデー!かわいい!!!

b0039246_23373676.jpg
なぜかトイレにあったヘルスメーター^^
b0039246_2338367.jpg


b0039246_2339160.jpg

パブのメニュー表。
ふ~む。
今、1ポンド230円の計算。
やっぱり物価は高いねェ。

b0039246_2340879.jpg

b0039246_23405959.jpg






ムービーはコッツウォルズからロンドン市内へ帰るバスからの景色。
最初の徒歩分はボートンオンザウォーターのところですが。



コッツウォルズ一日観光。
4箇所もまわれたのは幸せでした。
この旅行の中で一番良かったかな~。
もともと田舎とか好きだから、とっても癒されました!
また絶対に行くぜ。
コッツウォルズ!
そして、パブでご飯を食べるのだ!!
[PR]

by himenobile | 2008-03-15 21:15 | ┗ イギリス・フランス

コッツウォルズ ボートン・オン・ザ・ウォーター

b0039246_225347.jpg
コッツウォルズで人気の村がこちら。
ボートン・オン・ザ・ウォーター

b0039246_22532223.jpg
リトルベニスと呼ばれるだけあって、でっぷりとした川が村の真ん中に流れています。
幅は広めだけど、深さは浅いです。
キラキラしています。

人気といわれるだけあって、観光客の数も多いです。
さっきのバイブリーとはまた全然違う顔をしています。


b0039246_22535261.jpg
お昼時だったので、スコーンを食べにお店に。
クリームティーとプレーンティーを頼みました。
b0039246_22545476.jpg
クリームティーというのは、スコーンにつけて食べるクリームがついてくるんですね。
バターの超なめらなかかんじ。クロテッドクリームだったかな。
美味しいっちゃー美味しいけど、あたしはちょっと苦手。
普通のジャムだけでいいです。。
これはそんなに値段は高くなかったかな。
でも、スコーンはバカうま!!でした。
なんか日本で食べてきたスコーンとは全然違うんですよね。
パンっぽいというか・・・。これはレシピを新たに入手せねばならんな・・・。
探して家で作ってみようw



b0039246_22564434.jpg
店内はたくさんのポットがつるしてありました。
素敵です。
でも、対応は・・・ってかんじでした。
忙しくって、やってられないんでしょうね~。このへんが日本の店とは違いますねェ。
あ、田舎行くと、日本のお店でもこういう愛想なしのところもありますけどね。
呼んでもこねェ・・・みたいな(笑)
時間の流れ方が違うんでしょう。きっと。


b0039246_22572013.jpg
ホテル
b0039246_2258122.jpg

パン屋さん。
b0039246_22584450.jpg

b0039246_22591924.jpg

b0039246_22594985.jpg

b0039246_2301915.jpg

b0039246_231296.jpg

b0039246_2315291.jpg

b0039246_23225100.jpg


ギフトショップがたくさんあります。
中にはクリスマスグッズ専門のお店も!
カードを買いましたw

b0039246_2332620.jpg


b0039246_2334980.jpg


b0039246_2342614.jpg


b0039246_235842.jpg



一つ一つが素敵。
ドア一つとってみても・・・はう・・・

b0039246_236355.jpg


村や町に必ず一つは教会があります。

b0039246_2364467.jpg


b0039246_2371595.jpg



b0039246_2373710.jpg
マナーハウス。
次回はマナーハウスに泊まってみたいですね。
お金貯めなきゃ・・・^^;


b0039246_2383841.jpg



どこをみても植木が・・・凄い。
形きれ~~ねェ。

b0039246_2393522.jpg


そして、村を一歩出ると、どこもこういう景色。
田舎バンザイ。
[PR]

by himenobile | 2008-03-14 17:53 | ┗ イギリス・フランス

コッツウォルズ バイブリー

お次はメイン中のメイン!!

ウィリアム・モリスが「イギリスで一番美しい村」と評した村、バイブリーです!

ガイドブックにも書かれていた通り、あっという間に見逃してしまいそうな小さな小さな村です。
いきなり、バスがとまって、え?ココ??とみんな驚いてました。
でも、降りるとそこは・・・・・・!!!!!





b0039246_22115510.jpg



バスを降りると鴨がお出迎え!


橋を渡ると・・・


b0039246_22124989.jpg



キターーーーーーーーーー!!笑


b0039246_22134150.jpg

b0039246_221455.jpg

b0039246_22144393.jpg

b0039246_2215776.jpg

b0039246_22154030.jpg

b0039246_2216645.jpg

b0039246_22164052.jpg

b0039246_2217689.jpg

b0039246_22173286.jpg

b0039246_2218973.jpg

b0039246_22183167.jpg

b0039246_22195100.jpg

b0039246_22193235.jpg

b0039246_2220354.jpg


村を一周しました。

b0039246_22205044.jpg



はう~~ん


b0039246_22213043.jpg


外国にきたってかんじ?笑

b0039246_22222037.jpg


自然が豊か。
ナショナルトラストの管轄だったような。

b0039246_22231538.jpg


鴨~♪

b0039246_22235878.jpg

b0039246_22242232.jpg

感動したのでもう一周(笑)

b0039246_2225532.jpg

b0039246_22254924.jpg

b0039246_2226179.jpg

ロードオブザリングの世界・・・



b0039246_22272478.jpg
遊歩道を歩いて近道。


b0039246_22275861.jpg


所々凍ってる。

b0039246_22284549.jpg



はぁ~たまらんねこりゃ。
b0039246_22292959.jpg






ものすごく小さな村でお店も全然なくって静かな静かな村でした。
観光地化されていないところがいいですね。
店がないと、こんなにも静かなんだ~って思いました。
あ、有名なスワンホテルがありますけどね。
自然がいっぱいの素敵な村でした。
[PR]

by himenobile | 2008-03-14 00:42 | ┗ イギリス・フランス

コッツウォルズ バーフォード

イギリス旅行のメイン。
本日はコッツウォルズへ参ります!!

b0039246_2151713.jpg
ロンドンから、車で2時間弱ほどのところにあるので、車がないとここへ行くのは厳しいかも・・。というわけで、ツアーで行ってまいりました!
本日も日本語ガイド付き。
が、ガイドではなく、現地場所まで連れてってくれるだけでした・・・。
なんじゃぁそりゃぁ(笑)
ガイドとなると、資格かなんかがいるみたいですね。
というわけで、ツアーといえども、現地につくと勝手に散策なので、ほぼフリープランです。
団体行動が嫌いなあたしにとっては最高ですが。


b0039246_21513530.jpg
コッツウォルズ地方は広いのですが、ロンドンから向かうと玄関口にあるのが、バーフォードという街。
車も多くて、お土産やさんも多くてにぎわっていました。


b0039246_215251.jpg


駐車場?にバスをとめていざ散策!

b0039246_2152597.jpg


おお!これがコッツウォルズ!
町並みが素敵!
b0039246_2154433.jpg


たくさん車がとまっていて、田舎という雰囲気ではない・・・。

でもロンドン市内とはやっぱり違います。

b0039246_2155542.jpg



ぎゃぼ!!
教会だ!!!
絵葉書のよう!!





すげえ!
本物の教会だ!!


b0039246_21555823.jpg

お墓がいっぱい。
しゅてき~~~~!!!

b0039246_21562913.jpg

ハイクロスみたいw

b0039246_2157184.jpg


教会の天井。
ハリーポッターの世界ww
b0039246_2158613.jpg



お土産やさんにw


b0039246_21584046.jpg


めちゃくちゃかわいい店内。
もっと写真撮ればよかった。
ここのお店ホームメイドものがたくさん売ってました。
メレンゲとクッキーかいました!美味しかった!!
店のお姉さんも綺麗だった~。


これでバーフォードは終了。
ホテルやお店もたくさんあるみたいなので、次に行った時はもう少しゆっくりショッピングしたいなww
[PR]

by himenobile | 2008-03-12 21:08 | ┗ イギリス・フランス

ロンドン・パリより帰りました☆

b0039246_2572236.jpg



久しぶりのブログ更新!

長らく日本を離れておりましたが、ようやく帰国しました(泣)
帰ってきたくなかったよ~~~~^^;



旅行に行く前は全くなんの下調べもしていなくて、突如飛んだので、大して期待とかもしてなかったんですが(長い旅行のくせに適当な性格)








ロン・パリめちゃくちゃ良かった!!






旅行慣れしてる知人からは(バックパッカーやってる人)ヨーロッパの中でフランスが一番最悪だった。フランス語以外の言葉で喋ると、わざと困らせるようなことをしてくるし、超愛想が悪い。イギリスは物価が高すぎて長期いれなかったと、散々なことを聞かされていたのですが、フランス人、意外と愛想がよく、フランス語が全くできない私をいろいろ助けてくれたし、陽気だし、イギリスは確かに物価は高いけど、バカ高いアフタヌーンティーなんかはしなければ破産することもなく過ごせました。それと、イギリスでは旅行者であるアタシというか、女を凄く大切にしてくれましたねぇ。。。流石、紳士、淑女の国だと思いましたよ。
日本の方が、寂しい国やん・・・と帰国して思いました。
だって、日本人って挨拶せんもん。
コミュニケーション必要最低限しかやらないし。

海外に行って思ったのは、スーパーとか以外では、お買い物する時、こんにちは、ありがとう、さよならを必ず言うでしょう?んでもって、「旅行者には良い一日を!」って言ってくれるし。最初はとまどったけど、日本に帰ってきて、挨拶ナシで買い物できることに違和感を覚えました(笑)




b0039246_3144354.jpg
それとね、ロンドンはかなり都会で東京みたいなかんじなんだけど、田舎は素晴らしい。
ごめん。
奈良の比じゃない(笑)


こんな世界が本当に存在したのか!!!と感嘆しました。
そして、日本の本が読めなくなってしまって、ネットでコッツウォルズや田舎の本を買いあさりました。
もう、すっかり洗脳されてしまいました・・・。
おうちの壁紙もすべてヨーロピアンに変更すべく、注文・・・(病気)



それくらい、田舎熱が凄いです。
でも、本当に素晴らしい!
コッツウォルズ最高・・・・・・・涙



パリはパリでめちゃくちゃお洒落。
ショップ一軒一軒が個性的で、どんだけ個性をアピールすんねん!のオンパレード。
芸術家達が、インスピレーションを得るために、フランスへ渡るわけがようやくわかりました。
芸術に薄いこの私でも、刺激されましたからね~~。
かなりオサレです。
びっくりです。


そして、フランスの郊外も良かったですねぇ。
えへへ。シャトーホテルは最高の思い出です。
ヴェルサイユより凄かったわ~~~。
あと、フランスは電車の旅が多くて毎日疲れましたが、国鉄、メトロに乗れて楽しかったです。切符買うのに一苦労でしたが・・・・・。
(フランス語どころか、英語さえできないので)



というわけで、今後はチマチマとヨーロッパ紀行書いて行きますので、興味のあるかたはどうぞ、遊びに来てください。






b0039246_325176.jpg

[PR]

by himenobile | 2008-02-28 03:15 | ♪旅行