「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

基礎体温はいつはかればいいのか

b0039246_17292721.jpg今日は深夜あけ。
家に帰って4時間寝たら、もう目が覚めた。

仕事をはじめて半年。
私の体の、順応性はなかなかすごいと思う。
最初の頃の深夜あけは19時間とか寝てたからね。
もうすぐ、一日いや、まるまる二日寝なくても良くなる日がくるんじゃないだろうか。


しかし、寝ないということに弊害はでないのだろうか。


今日は3人深夜。
飛び込み入院が2人もあって、忙しかった。

ようやく朝5時半。
カルテも完成して、朝ご飯。

先輩A「そろそろこどもが欲しいんだけど、ねらい目がいつか全然わからん」

先輩B「私も。一回基礎体温を測ろうと思って体温計買ったけど、3日であきらめた」

私「なんでですか?」


先輩B「だって、いつはかっていいのかわからんやん?」


なるほど。
この超不規則な勤務では、自分にとっての朝と世間一般でいう朝は全然違う。
一人の先輩は昨日に続けて、2日連続深夜勤務だ。
完全に昼夜逆転。
起きるといつも暗闇。

週間でいつ深夜、いつ準夜とパターンがきまっていればまだマシだが、そういう勤務でもない。しっかり明日の勤務表をチェックしておかないと、間違って勤務してしまうこともある。(経験者)


話は戻るが、基礎体温は女性の体のホルモンバランスをみるのに必要不可欠。
測るのは、起床時毎日決まった時間にベッドに入ったまま測るというもの。

看護師に限らず不規則な勤務の女性もたくさんいることと思うのだが、こういう人の場合はどうすればいいのか?とりあえず、起きた時間にはかればいいのだろうか?


先輩A「コウノトリはいつくるんやろぅ~」

先輩B「え?もう近くにきてるやん!!ほら、もう外ではチュンチュン鳴いてる。うるさいなぁ。私らは寝てもいないのにもう朝がきたで。あー!もう6時!!働かないと!!
コウノトリやかましい!!!」

私「(大爆笑)」


毎朝毎朝、これだけのコウノトリが鳴いていたら、日本の少子化は防げるんじゃないだろうか。
なぁ、すずめちゃんよ。
日本にコウノトリをたくさん呼んできておくれ♪
[PR]

by himenobile | 2006-09-30 17:29 | ♪看護&医療

徒然日記

わたすの一日日記。
b0039246_23592687.jpg

                       のぞいてみる?笑


今日はお天気が良かったので、布団を干した。
半日読書をしていた。
家の横で工事をしていたので、クラシックを爆音でかけて対抗した。
でも、母に怒られた。

オークションで落札した

カリン二コフがキターーーーーーー!!!


さっきからずっとBGMはカリン二コフだ。
最近聞いてなかったけど、やっぱり名曲中の名曲だなぁ・・・


☆今日勉強になったこと

京都にある血天井は4つのお寺で祀られていると思っていたが、なんと5つめの寺を見つけた。
血天井とは、伏見城が落城したときの床を(もちろんたくさんの人が亡くなったので血まみれ)お寺に分配してまつっているんですね。
そのうちの一つ、大原にある宝泉院には行ったことがあるんですが、なんと宇治にもあった!
ひ~知らなかったよぉ。

一応列挙しておくと、
養源院(東山区)
正伝寺(北区)
源光庵(北区)
宝泉院(大原)
興聖寺 (宇治市)
にあります。

加門七海はどれも水にかかわっている・・・と指摘しています。
名前からして、源、泉。どれも水関係。
正伝院は大文字の舟形がある近くなので、この寺方向は海ということになる。
宇治の興聖寺は宇治川のすぐ前にある。
ふぉー。おもしろいじゃねぇか。


「京都異界紀行」という本おもしろいですよ~。
でも、対談形式なので、東京、江戸、平将門魔方陣シリーズと比べると少々ぬるいが・・・
(しかも、五つ目の血天井の寺のことはのっていなかったぞ!)

京都異界紀行―千年の魔都の水脈
加門 七海 豊嶋 泰国 / 原書房
ISBN : 4562033304
[PR]

by himenobile | 2006-09-28 23:43 | ♪うらら日記

結婚

b0039246_239267.jpg
今日は準夜だったのだけど、だいたい定時で終わったので、早く帰れて、こんな時間に家にいられるのが嬉しい。

嬉しいが寝るにはもう少し・・・ってかんじなので、くだらないことでも書いてみる。


私もそろそろ結婚適齢期(もうすぎてる?)なもんで、たまに結婚を考えたりする。
どんな時に考えるか?
普通は、老後を考えたときや、子どもが欲しいと思ったときとかいうのが、一般的かな。

しか~し、私が「ああ・・・結婚したいなぁ」と思うときは
その1・新聞の中に入っている、折込の”ピザ”のデリバリー広告を見つけた時。
その2・CDが山積みになって部屋で散乱しているとき。
その3・ミニチュアダックスを見かけたとき。

と主なものはこんなかんじだ。


その1.
よくみかけるピザのデリバリー広告。
あの写真は何度見ても飽きない。
そして、24時間いつみても美味しそうだ。
しかし・・・我が家では絶対にピザの出前をとることはない。
あんなものは、ご飯じゃない!と父も母もいうので(朝食にはいいらしいが・・・)この家に居る限り頼めない。
しかもかなり、デカそうなので、一人で家にいるときに頼んでも食べきれないし、ピザを一人で食べるなんて寂しいじゃないか。

「あなた・・・今夜はピザでもとりましょうか?」
なんて言いながら、二人でデリバリー広告を眺めてどれにするか迷ってみたい。
そして、食べてみたい。


その2.
CDが山のようにあるわが部屋。
どうにもこうにも整理がつかない状態になりつつある。
将来は、3段スライド式の大きな大きな棚を購入して、その棚の中をロシアの香りでいっぱいにしたい。
まぁ、3段もあるのだから、ロシアだけでは埋まらないので、相手の(だんな様)CDも一緒に並べて棚をぎゅうぎゅうにしたい。
「あなた・・・今日はカリン二コフにします?それともあなたの好きなベートーベン?」
とか言ってみたい。
また、朝からレクイエムなんかをかけてみて
「おいおい・・それはないだろう・・」
とか突っ込まれてみたい。

その3。
うちは室内犬禁止&母がアレルギーもちなので、犬はかえない。
でも、めんこいめんこいミニチュアダックスが飼いたい。
どうしても飼いたい。
なら、一人暮らしをすればいい話・・・というところだが、一人暮らしも禁止令がでているので、ムリ。まぁしたくても、働き出したところなので貯金もないんですけど。
愛するだんなさまとダックスを間に
「まぁ~シナモンちゃんたら!この!この!はい、ちゅーvvvだんなさまにもちゅーーvvvあら、あら、間接キスちたのー」
とか言ってみたい。



・・・・・・・・・・・・

やっぱり仕事あけの頭は相当疲れているらしい。
オバカ夫婦のような、しょうもない台詞しかでてこなかったぜよ。
あー寒い寒い。
絶対にいわねーな、こんな台詞。歯が浮くよ。


でも、この三つは本当に結婚したいなぁと思うときのポイントです。
とりあえず、結婚でなくても一人暮らしでもできるようなことなんだけど♪

この願いが叶うのはいつになることやら・・・^^;
[PR]

by himenobile | 2006-09-28 02:39 | ♪うらら日記

アルビオン

b0039246_13525820.jpg秋になったので、化粧品をリニューアルしてみた。
ドドンとそろえてみました~♪

前々から美容液はアルビオンのものを使っていたのですが、今回はシリーズで☆

アルビオンの何が好きって?まずはこの香りです。
癒される~。
アロマテラピー効果もあるとかなんだといわれましたが、私はこういうニオイ好きなんですよね。
そして、刺激が少ないから肌にもなじみやすい。
ただ、冬になると、乳液が冷たくて朝、肌にのせるのが恐怖なんですけど。
とりあえず、久しぶりに化粧品リニューアル♪

そういえば、最近SK-Ⅱが中国でさわがれているけど、大丈夫なんだろうか?
中国の騒ぎようったら・・・恐ろしい。
私はSK-Ⅱ使っていたけど、全然悪くなかったけどなぁ~。
もう高くてシリーズでは買えないけど・・


夏、日焼けしまくったので、本腰いれてお手入れしなくちゃね☆
[PR]

by himenobile | 2006-09-27 13:53 | ♪キレイ日記

胸水穿刺

b0039246_23452373.jpg今日は、仕事に行くと、いきなり胸水穿刺が待ち受けていた。
ババーーン。

最近突然、マルクについたり、ルンバールについたりと忙しい。
あれこれ、やっておけ!ということで、送り込まれる。
まぁ、勉強の為なのでいいんですけどね。
心構えもナシで、(もちろん事前学習もナシで。マニュアルを5分くらいながめるだけの時間はあるが)気が重い。
しかし、仕事だ。
新人なので、今のうちにやれるようになっておかないと。。

今日穿刺を行う先生は、元看護学校で教えていたこともある先生。
というわけで、山ほど突っ込まれるぞ~!と覚悟をしていましたけど、東北級の山位突っ込まれました。
でも、沈黙で物品を渡すだけでは、物足りないので、突っ込まれるのは好き。
それで、わからないこともわかるようになるし、そうだったのかぁと理解できることも多い。
先輩が知らないことも、この先生は教えてくれるし。

今日はCVポートからの針さしも一緒にさせてもらいました。
(看護師がやっていいのかは疑問だけど)
鎖骨から数えて、第五肋間くらいにエコーをあてて、おっと肝臓だ、あったあった胸水!みたいなかんじで、操作をすすめていきます。
もちろん、トロッカーは私はいれれませんけど、穿刺部位と角度まで一緒に確認できて、とても勉強になった。肝臓にうつっていた、メタも確認できたし、エコーってなかなかすぐれものなのねぇと感心しました。
針はどれを使うのか、この患者にあった物品は?と一つ一つ考えることができて楽しかった。
先生から「アレ。次アレ」
といわれて、ただ機械だしするだけじゃつまらないもんね。

この先生と一緒だといろんなことをやらせてもらえるので、本当に楽しい。
そういえば、ヘルニアを用手整復したこともあった。
ボッコーーーーン!と膨れ上がった、ヘルニアをモニョもニョとなおしていくんですが、し終わったときの感激感。
すげー。

毎日いろんなことを教えてほしいくらいです。
でも、外科患者は整形に比べると少ないからなぁ。
ちぇー。

もっともっと突っ込んでください!と目を輝かせて言ったもんだから、特別講義のように1時間も先生とあーだこーだと問答していて、すっかり仕事が遅くなってしまったのでした。

あー疲れた。
足がパンパンです。
[PR]

by himenobile | 2006-09-26 23:45 | ♪看護&医療

レーシック

b0039246_2051658.jpg友達がレーシックをやった。
視力があっという間に2.0だといってた。

うそーーー!
すげーー!

何年か前に友達が、眼科で働いていたので、レーシックどう?って聞いてたら、まだ予後がよくわからないから、私はやらない。とかいっていたけど、最近では件数が増えているらしい。
増えている分、かかる費用も安くなっている。

何年か前は30万だと聞いていたが、今回の友達は12万だといっていた。
安い。
この先、使い捨てコンタクトを何十年と買いつづけることを思うと、安いし、何もしなくても見えると言うのはとっても素敵なことだ。

私の視力はそこそこ悪くて、0.04くらいだったと思う。
4ヶ月の赤ちゃんと同じ視界というわけです。
赤ちゃんはぼんやりお母さんの顔が見えればいいけど、私は仕事している身で、裸眼ではどうしても厳しい。1メートル先すらぼんやりするので、アレルギー性結膜炎になったときなんか、眼鏡がなくては生活できない。
使い捨てコンタクトにしてからは、アレルギーも少なくなったけど、目のトラブルは年中ある。
だからといって、眼鏡はいやだし・・・

レーシックにもいろいろな方法があるらしいので、ちょっと勉強して考えてみようかな。
来年になったらさらにプライスダウンするかもしれないしなぁ・・・。

裸眼で思いっきり泳いでみたいですねぇ。
え?
もちろん海でですよ。
温泉ではなくてね(笑)
[PR]

by himenobile | 2006-09-25 20:51 | ♪看護&医療

寺田屋

私は「新撰組!」ファンであり、特別「坂本龍馬」ファンであるわけではないのだが、寺田屋へ行って見た。
ちなみに「新撰組!」ファンであって、「新撰組」のファンでもないところがポイントだ。


「新撰組!」劇中で演じていた、江口洋介の龍馬は最高に良かった。
その演技力に自然にほれ、いつしか坂本龍馬にも興味がわいた。

龍馬とお龍さんの新婚旅行地、霧島温泉にも行った。(関係ないか)
高知県は桂浜の龍馬像も見に行ったことがある。(とてつもなくでかかった。)
龍馬が亡くなった、近江屋跡も知っている。(今は旅行代理店だけど。)

しかしだ・・・。
なぜか、龍馬が好んで宿泊していた、寺田屋には行ったことがない。


「維新は寺田屋の一室から生まれたり。」


ともいわれる、その寺田屋をみずして、何が龍馬ファンか(いや、ファンとは言ってなかったか)

そんなわけで、いつもながら突然思い立って、見に行った事に対する言い訳はいいとして、

「寺田屋」である。

b0039246_2271024.jpg


伏見桃山の駅からすぐに大手筋があるが、そこを抜けて(西に行く)南下すると、龍馬通り、寺田屋がある。駅からあるいて、ほんの15分ほどだ。

ひっそりとたたずんでいるのかと思いきや、これがなかなかの賑わいであった。
久しぶりに、観光地にきた気分だ。(岡山では人とほとんど出会わなかった)

まずは、旅館の横にある石碑をまわって、旅館の外観などを眺めてみる。
b0039246_2273083.jpg
なかなか趣があるつくりだ。
b0039246_227479.jpg

庭には井戸も残っている。
早速チケットを買って(400円)中へお邪魔する。

b0039246_228670.jpg

おおーココがお富勢さんが、手をついて、敵をおっぱらっていた玄関かァ~。
劇中のひとコマひとコマが目に浮かぶ。

その奥にある階段を上ると、客室がある。
階段を上がってすぐの部屋が、龍馬の泊まっていた部屋だ。
入ってみる。
b0039246_2283021.jpg

いろんなものが飾られていて、ごちゃごちゃした雰囲気が残るが、少し座ってみて、ここで、維新の一歩が生まれたんだ~と物思いにふけってみる。
そんな場所に座っている自分の存在が、なんだかこそばい。
b0039246_228452.jpg

柱には弾痕が残っていた。

部屋を出て、となりの部屋へ。
隣の部屋は、もう少し広くて、テレビなんかもおかれていて、最近まで旅館として使われていたことがうかがえる。
b0039246_2291815.jpg
こんなところで泊まれるなんてすごいよなぁ。
今は泊まれないらしいけど。
でも、ここで誰か死んでなかったっけ?

いやはや・・・ここの寺田屋では薩摩藩士が9人ほど亡くなっているんですねぇ。(寺田屋騒動)
ひゃー!こわいこわい。
でないのだろうか・・・?
b0039246_2295294.jpg

龍馬の部屋からすぐにもう一つ階段がある。
b0039246_22101253.jpg

その下には、お風呂がある。

そうです。
有名なエピソードである、「お龍さんが、敵の気配をかぎつけて、龍馬に知らせに裸であがった階段」なんです。
「新撰組!」でもそのシーンがありましたねぇ。
そして、龍馬はなんとか逃げるんですが、そのエピソードも面白いです。

逃げる前に一度は対戦をしようとしていた、龍馬。
下では、お登勢さんが、奉行所の者が中に入るのを必死に止めている。
もう一人の相棒と(中岡さんでしたっけ?)階段前で敵に向かいます。
龍馬は銃でパパン!とやりますが、5~6発しか入っていない。
弾を入れ替えようとするんですが、弾を階段に転がしてしまいます。
それを取ろうとしていたら、敵に親指を刀で傷つけられ負傷してしまうんです。
b0039246_22111275.jpg

もうダメだってなわけで、屋根を伝い1キロほど走って、薩摩藩(?)の助けをもとめて、逃げ切ります。その途中で、出血多量のため、倒れてしまうらしいのですが、後で仲間が連れて行ってくれたそうです。
だから、龍馬のあの有名な写真では、傷を隠す為に、右手が懐に隠れているんだ、とか、いつでも銃を着物に忍ばせていたんだともいわれているそうです。
ちなみに、親指は切り落とす程の傷ではなかったそうですが。


一階に降りると、階段横はお登勢さんの部屋があります。
b0039246_2210396.jpg

その横は、配膳室になっていたらしく、今は通路のようになっていますが、ここで「寺田屋騒動」がありました。
薩摩藩士同士の切りあい。
6人が即死。2人は重症で2日後、死亡。1人は自決。
その部屋は天井までが血まみれになり、畳はずたぼろ、ひどい状況だったそうです。

しかし、薩摩藩はお金もちだったらしく、その惨事があった日に、伏見の職人をよびよせて、天井から、壁から、畳まですべてを修復したそうです。
一日でです。
こんなことが世間に知れたら恥ってなことで。
お登勢さんも口止めをされたそうです。

しかし、こんな狭い部屋できりあいなんてしたら、素人でも誰かを切りつけることになるだろうなーというほどの狭さです。2人でもきついです。
写真は怖かったのでとりませんでした。あしからず。
その隣の部屋には、桂小五郎、龍馬、勝海舟などの、集合生写真がありました!!
これをみれただけでも感激!!

もう一度階段をあがって、一周して寺田屋を後にしました。
物思いにふけるには、なかなかのスポットでした。
(解説をしてくれる係りの方、ボランティア?の方もいて、いろんな話を楽しめました♪
京都検定何級もってるんだろう・・)
b0039246_22115035.jpg

[PR]

by himenobile | 2006-09-25 00:01 | ♪旅行

教養としての医者語

カルテ記載なんかで使う用語。略語。
ふと、そういやーこれ、元はなんていう言葉なんだろうーと思うことがある。
包帯交換のことを、略してVWと書く。
しかし、何の略かはわからない。

しらべてみたら、面白いサイトがでてきた。
難解なカルテを読み解こうという連載だ。


【例文】
(1)君は手先が器用だから,メスザイテに向いていると思うよ。
(2)VW. Wunde: rein. Verlauf: glatt.
(3)d.e.(-),defense(-),Blumberg(+).
(4)抜糸したら●開してしまったのでデブリしてナートし直した。

標準的な日本語に訳すと:
(1)君は手先が器用だから,外科系に向いていると思うよ。
(2)ガーゼ交換(を行った)。術創はきれい。経過良好。
(3)圧痛なし,筋性防御陰性,ブルンベルグ徴候陽性。
(4)抜糸したら傷口が開いてしまったので創面切除して縫合し直した。


読んでみたら、そこそこわかるし、確実とまではわからなくても、ニュアンスでこういうことだろうーなーと捉える事はできます。
でも、きっちり訳してもらうと、そーなんだ!とスッキリしますね。

しかし、この例文で一つつっこませてもらいたいのですが、わざわざ「君はメスザイテに向いてるね。」なんて言うんだろうか?
普通に「外科に向いてるねぇ」でいいじゃん?
なんか、こういう言い方されたら、気持ち悪い。
(気がする)

余談ですが、うちの病院の整形部長は、滲出液のでている患者のことを、
「あの人、まだ汁でてるけど、もういいんちゃう?リハビリ病棟にいってもらおっかー」
と言っていた。
せ、、せんせい・・・・。
し・・汁って・・・^^;
みんな笑ってましたけど、気さくで面白い先生なので、まァ、いいか^^;



ちなみに、VWはVerbandwechselの略語であった。
なげー!!

その他の解説も面白い。
一部、抜粋させてもらうとこんなかんじ。


「フォルクスワーゲンではない
 外科系のカルテは表記が簡素というか,術後などほとんど書いてないことが多々ある。日付のあとにVWないしGWとだけ書かれてあったり。これはVerbandwechsel,Gazewechselの略で,包帯交換・ガーゼ交換のこと。もともとフェアバンド(包帯)をしておらず,ガーゼだけ交換することもあるのに,使用頻度は前者の方が圧倒的に多いようだ。Wechsel(ヴェクセル)は変わること,換える(変える,替える)こと。Wunde(ヴンデ)とは英語woundからご想像のとおり,傷創ないし怪我。rein(ライン)は「きれいな,純粋な」という形容詞。ここでは術創が血液,浸出液,膿などで汚れていない状態を表現している。フェアラウフ(経過)は一度整形外科特集で出てきた。glatt(グラット)はもともと「平らな,滑らかな」,そこから派生して「円滑な,順調な」。術後経過の形容としては,Nachblutung(ナッハブルートゥンク:後出血)や譫妄など起こしていない状態を指す。例文の内容に相当する英語を考えると,Dressing change. The wound appears clean. Smooth post-operative course.というところか」


ふむふむ。
なかなか勉強になります。
そして、明日から使ってやろうか~と思うのだが、看護記録記載マニュアルというのがあって、当院で決められた略語以外は使ってはならないのだった・・・。
ちぇー。


サイトアドレスはコチラ→http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2006dir/n2695dir/n2695_04.htm
[PR]

by himenobile | 2006-09-24 19:39 | ♪看護&医療

湯原温泉・米屋

最後に温泉の日記を。
b0039246_17172996.jpg
今回泊まったお宿は、「米屋」さん。
湯原温泉かいわいからは、ちょっとだけ離れていて、県道だか、国道だかのすぐ横っちょにあります。
なので、有名な「西の横綱」の砂湯にはいけず・・・。
↓ココ。行きたかった・・・
b0039246_17191261.jpg
もちろん歩いていける距離だとは思うのですが、疲れてそこまで歩いていく元気はありませんでした。
しかも、混浴、水着着用はだめだし、どっちにしても体は入れないしねぇ。。
足湯もあるらしいので、行ったらそこには入ろうと思っていたのですが、断念しました。

お宿は横にながーーい建物で、私が泊まったのは新館。
旅館の雰囲気とかは温かくて悪くはないんだけど、部屋が結構狭かった。
あの狭さは、なかなかないなぁ。
道脇につくられた旅館だから奥行きがなく、仕方ないのかもしれないけど、壁も薄めで、足音ドアの開け閉めする音が筒抜けでした。
お部屋は綺麗だったんですけどね。
あとは、窓を開けても眺めはゼロ・・・ってかんじでした。
疲れていたので、寝れればいいわ。と私は思っていたのですが、相棒はちょっと不服そうでした。(選んだのは相棒だし、責任をかんじていたのかも?)

b0039246_17242895.jpg
しかし、お料理のほうはなかなか美味しくて、楽しめました。
お部屋を案内してくれた、おばちゃんも温かいかんじで、接客は良かったですよ♪

お風呂は二つあって、男女入れ替え制。
新しいほうの内湯は綺麗で、広かった☆
古いほうは、露天風呂がついていて、その露天風呂はなかなかよかったです。
誰もいなかったので、バシャバシャ飛び込んで泳ぎました♪

湯質がよくって、美人の湯といわれるだけのことはあると思います。
お肌がすべすべになりました!!
さすが西の横綱ですな。(その評価は砂湯のものですが)
久しぶりにいい、湯質に出会って、ご機嫌なのでした☆
[PR]

by himenobile | 2006-09-23 17:21 | ♪旅行

自然牧場公園

道の駅のすぐ前にある自然公園。
ジャージー牧場では、牛さんに出会えなかったので、ここならすぐ会えそう!というわけで行ってみた。
b0039246_16395427.jpg
そしたら、かわいいクリクリお目目の牛さんが小屋の中にいました!
b0039246_1639233.jpg
草をもしゃもしゃ食べていました。
こんなんみると、牛肉が食べられなくなるよー。
(といいつつ、昨晩のお夕食は牛さんだった・・・ガーーン。。)

この公園の横では、焼きたてパンも売っていました。
その近くにも、素敵な喫茶店があり、ええかんじのところでした♪
[PR]

by himenobile | 2006-09-23 16:40 | ♪旅行