<   2006年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

屯所餅

b0039246_205726100.jpg今日、京都新聞にのっていた。
「屯所」という文字が飛び込んできて、なぬ?と思って見てみると、ふむふむ。
八木家は菓子店だったらしい。
新撰組が屯所したことから生まれたのが、この「屯所餅」らしい。
壬生菜が入っているらしい。
うまそー。
(京都鶴屋鶴寿庵で販売中)




そういえば、今日で八木邸近くで営業していた、新選組マニアにはうれしいお店が閉店になるようです。
本物に近い、レプリカだけど本物さながらの剣とかを売っていたお店。
最初から、年数を決めてお店をだしていたらしいのですが、残念です。
私も行ったことある店だけに、寂しいです。
でも、閉店に伴い全国からお客さんがこられているみたいです。

八木邸、リベンジは春・・・だな(汗)
[PR]

by himenobile | 2006-01-31 20:57 | ┗ 新撰組!&義経

勉強への集中方法

ご飯を食べながら、薬局の広告にくぎづけになっている万年眠り姫のhimeです。

「試験勉強のおともに。どこでも水ナシ1錠で眠気に効く・トメルミン」
眠気止め薬。
ほんとか~?
himeは本物の、ヒ○ポンがほしいじょー。(禁)


自宅学習派のhimeとしては大いなる悩みがあります。
自宅での勉強は、誰にも邪魔されずに自分のペースで勉強できるし、リラックスできるしとってもいいんですが、自由すぎて集中力が続きません。
ちょっと勉強をやっては、手に届く範囲にある「のだめ」をむさぼり、CDをかえ、指揮をふり、パソコンをあけ、お菓子を食べて、コタツで寝る。という、怠惰な生活が全般です。

あーーーーーー!!!
もうあと、3週間ちょっとしかないのに、なんで焦らないのか・・・。
昨日学校でやった、テストは悲惨だっだし・・・(汗)




というわけで、気づいたのが、近眼を利用した勉強法デス!
名づけて





半径1メートル内スポット学習法




<方法>
簡単です。
コンタクトやメガネをはずして、勉強するだけです。
そうすると、目の前のものしか見えないから、見えるところに神経が集中するんですね。
自分のまわりや、本棚にまで視線が向かない。視野に入らない。イコール余計なものが見えずに、目の前の参考書にだけ、集中できる!

ただし、軽度の近眼の人にはオススメできません。
私のように、コンタクトなくては、前から誰が歩いてくるのかわからないので、とりあえず挨拶しとく!というような状態の、重篤なド近眼の方にオススメです。

副作用として、肩こりが多くに認められますが、コンタクトやメガネを装着すれば、治ると
いう一過性のものなので、気にすることはないでしょう。
[PR]

by himenobile | 2006-01-31 20:19 | ♪うらら日記

京都散歩

b0039246_20413984.jpg以前おさかな♪さんのブログでみかけて気になっていた日仏学院デス。
朝の7時だったので、中には入れなかったけど外観だけ見ても素敵でした。

全然関係ないんですけど、京大のあのカフェなくなったんですね。
中丸見えの、立ち退かないぞ!カフェ。
ちょっと残念。
[PR]

by himenobile | 2006-01-29 20:41 | ♪うらら日記

ブラームス交響曲第3番&4番

ブラームス:交響曲第3&4番
ケルテス(イシュトヴァーン) ブラームス ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005HW2L




毎日カリばっかり聞いてるので、ちょっとは違う曲を聞いて勉強してみようと思って、コレかけてみました。
私はN響の演奏のをもってるのですが、知人から借りたのを、さっそくかけましたが・・・。
疲れるーーー。
3&4が入ってるんですが、イライラしてきて、全然勉強はかどらない。
演奏聞き終わった時には、ヘトヘトでした。
ブラ3の3楽章が大好きなんですが、あまりにもあっさりとしていて、なーーんや。ってかんじ。

お口直しに、クチャルのカリンニコフかけてみたら、うっきうきで指揮まで振り出して、まったく勉強にならなかったのでした。
はんせー。



P.S.カリンニコフのCDを5~6枚注文したので、いつくるか楽しみです。(´∀`*)ウフフ
もう、カリなかったら窒息するー。中毒性があるみたいデス・・・ (*´д`*)ハァハァ
[PR]

by himenobile | 2006-01-29 20:09 | ┣ クラシック

勉強

今週は勉強しないで、大分さぼって出かけてばかりいたので、戒めとして、「今日中に必修問題集を一冊やる!」と決めました。

バイト帰ってから、できたぞーー!!
でも、210問しかない、薄めの問題集なんだけど。。
でも、やった感を自分でもたないと、モチベーション保てないんですよね。。

明日は、クエスチョンバンクという、ぶあつーーい問題集をはじめます。
明日までに半分制覇!
あー、みんなどんな勉強の仕方してるんやろ。。。
とにかく、問題を解いて、”れっつコミュニケーション!”ですね。

というわけで、おやすみなさい。。
b0039246_2545125.jpg

[PR]

by himenobile | 2006-01-29 02:54 | ♪看護&医療

お酒?

むきゃ!!
コレ、お酒か?と思ってよく見たら

b0039246_2394255.jpg




墨汁でした。
素敵(*´д`*)ハァハァ
[PR]

by himenobile | 2006-01-29 02:40 | ♪うらら日記

スヴェンセン・交響曲第一番・第二番

スヴェンセン:交響曲第1&2番
エンゲセット / アイビィー
ISBN : B00005F4WI



けけけ。
見っけてしまった。
早くもカリからの浮気か?というか、新たな曲を発掘していたら、一目で目にとまりましたよ。スヴェンセン。

Johan Svendsen
ノルウェー人らしい。全然知らないけど。

何がいいかって、とにかくゴキゲンになれる一枚なんです。
何がゴキゲンかって?そりゃ旋律が、超ゴキゲンなんですヨ♪♪♪

単純っていってしまえば単純かもしれないけど、すごく耳に残るのに心地いい。
民俗っぽい節もにおわせながら、哀愁とは反対側にあるような感動へといざなってくれる。カリンニコフと対極にあるようなかんじ。カリはその哀愁に涙・・涙・・なんだけど、スヴェちゃんは笑顔をくれる。なのに、どっちも心地いいの。ふかふかのお布団ってかんじかな。
1楽章の主旋律が、持っていってほしいところまで続いていて、尻切れトンボじゃないところがすっきり。普通やったら、このあたりでメロがそのまま弦に移行して何事もなかったような雰囲気にもっていかれるのに、消化しきっているから、聞いていて気持ちいい。知りたい情景を引き伸ばしてくれて、たっぷりきかせてくれるのが酔えるところかな。

躍動感もあって、山を駆け回りたい気分になる。気分はハイジ。ノルウェーってどんな国なのか知らないけど、きっと自然がとても綺麗な国なんだと直感で感じさせられるような曲です。ホルンのちょい、牧歌的なところと草原を走る風とが共に心地よい。
でも、この曲・・・スウェアリンジェンの曲に似てる??(笑)

1楽章はこれでもかってくらい、単純なんだけど、2楽章は結構しっとり美しい音色を聞かせてくれる。しっとりなのに、停滞していてつまらない音楽ではなく、曲を通してキラキラとした流れをみせてくれるとっても、素敵な曲。

3楽章はフルート!
鳥のさえずりが聴かせどころかな。さえずりやのに、躍動感に満ち溢れていて、思わず身を乗り出してしまいたくなるようなかんじ。何をおしゃべりしているのかな。鳥たちは。

4楽章もいろいろあるけど、クライマックスへ向かってどどーーん。
んーー。もう最高!よいぞよいぞ。苦しゅうない!


第二番
第二番もまたいいんですわ。
旋律がいい。
第一番ほど、ハッキリ色濃いメロではないんだけど、あっ。もう少し聞かせて!!あ・・・ああ・・・あああ!!はうゥゥ・・・と追いかけたくなる心理をついていると思う。(なんのこっちゃ)
のびやかで美しくて、テンポもよくて流れるようでゆったり、まったりした世界へ連れて行ってくれるのがGOODかな。でも、あきさせない。最高のパートナーです。
今なら、松田さんの言ってた言葉がわかるかも。(のだめ14巻P88参照)
[PR]

by himenobile | 2006-01-29 02:34 | ┣ クラシック

ショパンコンクール・ジャパンツアー

b0039246_285129.jpg今日はモツアルトの誕生日。
なのに、himeはショパンコンクールジャパンツアーに行って来ました♪
待望のショパコン。
でも、2位5位ナシの、優勝者は地元のポーランド人。
ってところに、今年のコンクルどうなってんの?とちょいと疑いのまなざしでみていたんですが、やはり彼が一位だと確信しました。

プログラム

イム・ドンミン バラード3番 ノクターン13番 ワルツ4番
関本昌平   ピアコン1番
山本貴志   ノクターン 16番 スケルツォ4番
ラファウ・ブレハッチ ピアコン1番

b0039246_29460.jpgこの順番で演奏されていたんですが、みんなあたりまえですけど、うまいです。
技術やテクニックがすごいし、流石入賞者だなと納得させられました。
でも、もう一歩心に入ってくる、「なにか」が足りない?
イム・ドンミンも良かったけど、ショパン・・・?じゃない?・・?
と言う印象。
若さゆえの、有り余るエナジーがほとばしっていて、もっとすごい曲弾いたほうがいいんじゃないのか?(たとえば、チャイコのピアコンとか)と思ってみたり。

日本人の二人も良かったんですけど、ピアコン弾いたほうの関本君は、オケとあんまりあってなかったですね。ていうか、オケがのってなかったのかな?
接続がどこも悪かったですねー。ひやっとしました。
でも、ニ楽章はとっても素敵でした♪

山本君のほうは、結構感情たっぷりで弾いていたんですけど、途中で眠くなりました。
あーごめんなさい。
すっごくかわいかったなぁーー。キャラとしてはOK?

で、問題のラファウ・ブレハッチです。
ピアコン1番。
正直、おんなじ曲を一日に2回も聞くのかよ?と少々疲れ気味だったんですが、ぶっとびましたね。
弾き始めたら、ショパン降臨ーーーー!!キタ─wwヘ√レvv~(゜∀゜)─wwヘ√レvv~─ !!
デスよ。
登場シーンから、なんか他の人とは違うぞ?感が漂っていたんですが、やはり彼は只者ではなかった。多分タイプに分けると、ブーニンタイプ。
天才肌というか、独特の世界を持っている。
好き嫌いが分かれるかもしれないけど、良くも悪くもショパンそのものでした。
そして、オケとの兼ね合いが素晴らしかった。
正直、このオケだるい演奏するなーと思っていたんですが、彼との共演でがらっとかわりました。車輪が回りだしたというか、息を吹き込まれたかのように生き生きしてました。オケが。彼が上手に引っ張っていって、お互いに高めあい、融合したというような、素晴らしい演奏でした。感動しました。
アンコールも3曲演奏してくれて、それも素晴らしかった。
同じピアノで、同じ曲で、こんなにも音が、音の向こう側にある情景、ビジョンがこんなにも違ってくることに驚きを覚えました。
彼の全部が好きというわけじゃないんだけど、不思議と人をひきつける魅力のある演奏をする人なんだなーーと思いました。
何年か後がもっと楽しみですね。
[PR]

by himenobile | 2006-01-28 02:09 | ┣ クラシック

トルコ人と飲み会

いえーーい。
メルハバー♪
酔っ払っています。himeです。

今日は、某講義を教えてくれていた先生と、その研究室の留学生と飲みに行ってきました。
その留学生が、トルコ人なんです。
トルコですよ!
トルコアイスのトルコですよ!
長崎名物のトルコライスじゃーーありませんよったらありませんよ!(´∀`*)ウフフ

外国人男性というのは、なんであんなに魅力的なんでしょう。
オーストラリア人の男性とも知り合ったことがあるんですが、とーーても魅力的でしたね。なんでやろ。
女の子に自然にやさしいところでしょうか?
お国柄なんでしょうな。

「トルコに帰ると、エリートなので、将来は教授婦人ですよ。」と先生は、はやしたててましたが、彼は「いや、またハーバードに行くかもしれません」と発言。
もう、世界が違いますがな。
私、夫になる人には普通のサラリー希望なので、ムリです。
でも、友達は目がハートになっていて、もう、トルコにいく気満タンでした。
「ハチマキ巻いて、トルコアイス売るデーー!」とまくしたててましたよ。
いや、、、教授婦人になる人がそんなことをしてはいけませんってば・・・。

でも、一度は行ってみたい国ですね。トルコ。
ご飯も美味しいらしいし、観光するところもたくさんあるし、アジアとヨーロッパにまたがっているなんて、ちょっと素敵。
次はトルコ人のパーティーに呼んでもらえることになったので、次行くときはもうちょっと言葉を覚えていこうっと。

では、ギュレギュレーー♪♪
[PR]

by himenobile | 2006-01-27 01:44 | ♪グルメ

爆発寸前

b0039246_1662423.jpgやてもたーーー!!!

また家で発酵させています。
今度は甘酒~!

どうして、家は買ったものをすぐに食べないんだろう。
初詣で購入した、近江神宮甘酒。
そろそろ開封いたします。
[PR]

by himenobile | 2006-01-26 16:06 | ♪グルメ