「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:♪看護&医療( 147 )

看護学会

今日と明日は看護学会です。

ど~でもいいんだけど、参加しています。

ボスが変わったので、出勤扱いで参加できるので、とっても優越感なんですけどね~。

去年のボスだったら、絶対に公休で二日間通わされてたわ・・・^^;




で、期待していた学会ですが、京都の私立病院協会主催の看護研究発表会とさほど変わらず・・・・^^;

内容の濃い、学ぶべき学会を期待していたのでガッカリ・・・です。


なんか、学生が聞きにきたらちょうどいいかな・・・っていう内容が多数。

2年目の子と参加してたんですけど

「あ~学校で習ったよね~散々授業で聞かされた~」とぼやいておりました。



教科書のような答えは求めてなくて、直接日々の業務で生かせそうなものを期待していたのが駄目だったのでしょうか・・・・。

自分で学べってことか?


今年の研究課題ににかよた演題があったので、それは少しは参考になったのでよしとしましょうか。



さて~と。

明日もブラブラ学会会場に足を運ぶとしますか。

ついでにレポートも仕上げてしまおう♪
[PR]

by himenobile | 2009-07-18 21:52 | ♪看護&医療

コウノトリ旋風

また、職場でコウノトリ旋風がはじまった。

2年前にもおこった現象。

これは二年ごとに繰り返されるのか??

予定通り、3人の妊娠が4月から立て続けに発覚。

ということは、秋~冬にかけてスタッフが一人ずつ消えていくという計算に・・・・


ま、順調にいっての話なのだけど。

やっぱし、体調悪くなることもあるだろうし~と思っていた矢先・・・。

一人沈没。

あ~!



しかも、よその病院からきたばかりの人とか、きて数ヶ月という人たちばかり。
古株で残っている人には、妊娠のお告げなく・・・
どうなってるんでしょ?


まだまだ妊娠してもおかしくない人がたくさんいるので、このコウノトリ旋風がどこまで続くのか見ものです。

ま、ここらで終わるんじゃないかと思っているのですが・・・


とりあえず、スタッフの補充をしてくれ~!
若い子ばかり入れないで、たまにはおばちゃんも入れてくれよ~。
じゃないと、子育て中のパートさんや、新婚さんばかりじゃ・・・おちついて仕事ができないです。
仕方の無いことだけど、独身者が結構重荷になったりしてるので、可愛そうです・・・

勤務変更の嵐がこれからも続きそうです~。っていってるしりから電話かかってくるし・・・^^;
[PR]

by himenobile | 2009-07-01 17:13 | ♪看護&医療

ドイツ語とか英語とか和製英語とか!!

一年目さんと夜勤に入っている今日この頃。

まだまだヒヨッコなので、申し送りからべったり付き添ってヘマらないか、頑張ってるのですが、
大体の業務はこなせるようになってきたものの・・・

わからない言葉がいっぱいで頭が混乱しているよう。。。



医療の世界、特に日本だけかもしれませんけど、言葉がむちゃくちゃなんですな。

ドイツ語だったり、英語だったり、はたまた和製英語だったり。。

ドッキングしたようなものもあって、キッチリ説明しろ!といわれると、こっちも正しい言葉がよくわからなくなってきたりと、混乱する始末。


例えば、ストマック。

これ、普通に考えると英語で「胃」という意味ですが、胃管チューブのことをこう呼んだりします。

例えば申し送りで「ストマック40センチ固定で入れてるんやけど」


という風に使われる。


しかし、みんな英語で言うわけではない。


どっちかっていうと、英語よりもドイツ語のほうが多いような気がする。

ドイツ語になると「マーゲン」になる。


「マーゲン入れてる」とか「Mチューブ入れてる」とかいう表現に。

これをインプットさせるのに、いろんな言い方があると教えるのがめんどくさいし、なんとかならないものかと思う。


しかも、よくよく考えると「ストマック入れてます」って胃に胃をいれてんのか?ってことになるし・・・。


日本なんだから、全部日本語でいいのに。


昨日はこのストマックに加え「プンク」「P.O.」「N.P.」「エピドラ」について説明。

プンクは本当はプンクチオーンっていって・・・
って説明しながら、一体なんの講義やねんと思ってしまった夜勤でした・・・

自分におつかれちゃ~ん。
[PR]

by himenobile | 2009-06-23 12:53 | ♪看護&医療

やってられねー

グチブログにログイン。


今日も大変な一日でした。


満床なのに、勝手に一つ返事でOPを他院から引き受けた医者のせいで、OP室、ICU,うちの病棟はてんやわんや。

いや、これがなくてもバタバタで入院の電話が鳴りっぱなし。

空いてるベッドはないのに。


とりあえず、転院でも出来そうな人を、全医師にあたって、急遽転院が決まった人、転棟が決まった人もう、そんな人ばかりでした。


そして、空けたベッドにはOP後患者が帰ってきて・・・


ICUには超重症患者ばかりで、それでも、週末にはその重症者がうちの病棟に帰ってくるわけで・・・。


医師も病院内に一人しかいないのに、大丈夫なの??


脳炎の患者。
だんだん症状が重くなってて、ついには暴れだして血まみれになって抑えて・・というとこまでいってるみたいだし。


全く症状改善せんと、あんな治療法で大丈夫なのか??
私が家族ならとっくに転院させてるわ!



全く。



そうかと思えばおとついの夜勤では、○○会病院から満床とのことで、救急搬送。
急遽、ERCPが必要とのことで、今度は15キロほど離れた○○会病院に転送。
そこもベッドが満床とのことで、治療だけして、とんぼ返り。
めっちゃしんどい中、患者は何回も何回も救急車に乗り移動し続けた。


せめて、治療した後くらい、移動させないで、外来のベッドでもいいから診たらいいのに。

そこまでして、うちの病院がその患者を受け入れないといけないのか?と強く疑問を抱くけど、なんの決定権も私にはないから、意見をいったって無駄。


黙ってうけるしかないですから~。


結局、胆嚢がくさりかけてて、翌日OPになりました。

あの痛がりかたは尋常じゃなかったもんね。
ERBDしたって、何の効果もないっしょ。
どんな診断やねん、ほんまに。





仕事が忙しいのが嫌なんじゃないんですよね。


今日もいろいろ考えてたけど、この虚しさ。
どうしようもないっす。


忙しくても、自分のやりたいこと、たとえば自分ではじめた事業とかお店だったらまだ頑張れる。
自分の夢、やりたいことだから。

ナスもやりたくてはじめた職業っちゃー職業だけど、思っていた以上に虚しい。

毎日残業の嵐で、休憩もとれず10時間走り回ってヘトヘトなのに、なんの達成感も充実感もない。

忙しくても達成感、充実感があれば、我慢もできますよ。

そうか、給料がいいとかね。

給料も普通のOL並みで、有給はとれない、ただただコマのごとく使われるだけ。


精神的にもボロボロになって、わけのわからない生活スタイル。

ここで一体なにを得ればいいのかわからない。


目標にしたい先輩達も、もうギリギりのラインで頑張ってるだけだから、目標とかそんな甘ったるいオセンチな事いってられない。

この状況でそういうことが考えられる人のほうが、頭いってると思う。



毎日、毎日、毎日、どうやったら円満に退職できるかそればかり考える。


この現実を直視せず、理想ばかり追いかけ、トンデモ発言ばっかりする、自分を守るしか能がない師長にどういえば、すんなり受け取ってもらえるのか。


一番の難題はいつ超えられるのだろう。
[PR]

by himenobile | 2009-02-06 01:49 | ♪看護&医療

またしても・・夜勤は!!!怒

前の日記が先週・・・。


また同じようなボヤキで申し訳ありませんが・・・





いい加減人増やしてくれや!!(# ゚Д゚)




うちのポンコツ病院・・・


週末になると、人員不足のため、ICUが閉鎖されます・・・・



ということは、重症患者さんがそれぞれ各階に分散されるんですね~。



というわけで、もれなくOP後の重症患者はうちの病棟にくるわけで・・・



レベルⅢー300でサーボにのってるわ、スパイナルドレーンはいってるわ、Aライン入ってるわ、血圧安定せ~へんわでもうしっちゃかめっちゃか。


昨日の晩に他病院から搬送されてきて、緊急OPしてきた患者なのですが・・・


夜も夜で大変だったらしく、麻酔医なしでの緊急OP。


オイオイ・・・



そんな病院ありかいな。



腕のいい先生だったので、さっさとOPは無事に終了したのですが、OPはいいよOPは。


その後、患者を見るのは我々ナースなわけですよ。


環境の整った、ドクターも常時いるICUならなんぼでも重症みれますって。


でも、一人で20人もの患者抱えてよ?


下半身すっぽんぽんで徘徊する患者がいて、わんさかのターミナル患者がいて、術後まもない患者が数人いて、圧迫骨折で身動き取れないトイレ介助が必要な患者が何人もいて、どうやって見ろと?



事故も起こらず見れるほうが不思議じゃないですか。



モウ!!!!



日勤帯もバンバン輸血いかなきゃならんし、みなさん帰ったのが22時近くで(土曜日なのによ!)不満もつのりますって。


それでも、ベッド開いてるんだから入れろ!の一点張りですよ。
医事課は。


OPで一日だけICUにとまっている人のベッドさえ使いますからね。

「実質そのベッドは空いているんでしょう?」

そう言われれば何も言えません。



一日10人近い入院がきて(緊急も含んで)スタッフの数は増えず、増えてもパートさんばかりで3時半には帰るし、残業できないし、結局のところ、正社員である私達がしんどい部屋持ちして、パートさんの残りの仕事して、残業して・・・。。。。


これってどうなんよ?



いい加減、残ってるスタッフをありがたいと思わないとアカンって!

師長さんよ。



この上、パートさんだけまだ増やして、正社員であるスタッフの変則勤務を増やすというんだから、本当に勘弁してほしい。


パートさんばっかり増えるから、日勤がなくなるんですよ~~~。


10時半に出勤してきて、夜は19時までの勤務とか、もう~~~!!!


そんな変な時間にこさせて、19時なんかで帰れないような勤務を作るなって!


10時間日勤(8時半から19時まで)でさえきっついのに。



入院を10人もいれるんなら、それだけの患者をとれるスタッフを配置してからにしてと言いたい。

と、全スタッフも言ってますが・・・。



こういう毎日がここにいる限り延々続いていくと思うと、お先真っ暗です。

頑張る気力もありません。

世間では、職がない職がないって言われてますけど、ナースは全然足りませんし!!!


やめさせてもくれませんし!!!




は~~~。


本当にヤバイ夜勤でした。


久しぶりにステルベンにもあたったし。。。


当直の先生呼んでも「フラットになったら呼んで」というつめた~~~いい返事。。


バイトなんはわかってるし、レートが落ちてきても頑張る人もいるけど、一回くるとかしてもいいのに。
しかも、スゴイ勢いでレート落ちてきてるし、輸液も全然入れてなかった人だから、落ちたらあっという間と思ってたら、3分でフラットに。


「フラットになりました」
って言って呼んでるのに、病棟にくるなり「本当にもうフラットになった?」ってしつこく聞かれるし。


お見送りも、「けっこうです」という返事で。。


形だけでも、主治医じゃなくてもお見送りくらいきてくれてもいいのにね~。と先輩も言ってました。。




なんだかやるせない今日この頃。


やめたい病がまた襲ってきそう・・・・。
[PR]

by himenobile | 2009-01-19 01:18 | ♪看護&医療

今日の深夜は!!!

今日は夜勤明けだったのですが・・・





久々の



術後せん妄に大当たり!!!(泣)



まさかまさかの患者さんが、延々、永遠に徘徊し続けていました。。。


しかも、歩くのめっちゃ速いし!!

病棟を一周するのに、何分で歩いてるんやろって考えてしまいました。



最悪なことにTPNまで抜去してしまい、抹消ルートとるけど、危ないので点滴もせず。


術後水分の許可がでてたことだけが救いでしたが、本当に疲れました。




患者はその方だけじゃないですからね。

ターミナルでいつお迎えがきてもおかしくない人も抱えてましたし、他からのナースコールも頻回でまいりました。



こういう夜勤をやると、本当にもう身も心もズタズタで夜勤をやめたくなりますね。


日勤だと笑えることも、夜勤では全く笑えませんし。。。





勉強会用の資料もアップアップの中作成できて、やれやれ。





どんなに辛いことがあっても




それでも日は昇るというのがありがたいです。



ホンマにやれやれ。
[PR]

by himenobile | 2009-01-12 00:38 | ♪看護&医療

薬の名前

マグロコール



イントラポリス



ファンタスティック





薬の名前って漢方以外、カタカナが多いんですが、ぱっと見たときに読めてしまいそうな面白薬剤の名前をあげてみました。



ど~でもいいことですが、今日は夜勤明けで、忘れちゃいかん薬を申し送りの時に送るのですが、ちょっとばかしカタカナ読みの苦手な先輩が発した読みに大爆笑してしまいました。



ファンタスティック!!



正しくはファスティックという薬(糖尿の薬)なんですが、ファンタスティックと読めてしまいそうですよね。実際、先輩は大声でファンタスティック!!って言ってはりました。



そして、上のマグロコール・・・・^^;
正しくはマグコロールなんですが、いつもこれ見るたびに大漁のマグロをコール(呼ぶ)イメージで一人笑いしてしまいます。
あ、ちなみに下剤なんですけど。


そして、イントラポリス。
正しくはイントラリポス(笑)
ぱっとみたら、ポリスに読める^^
点滴の脂肪分を補う薬なんですけどね~。




これら、特に上の二つはみんな、わざとマグロコールとかポリスとか言ってます。


あ、ダブルチェックするときは、ちゃんと読んでいますがね~♪
[PR]

by himenobile | 2008-09-20 23:00 | ♪看護&医療

せん妄じいちゃん

b0039246_18394887.jpg
今日は、昨日から夜勤だったんですが、せん妄じいちゃんにやられました。。。。


彼、一睡もせずに朝の9時まで大フィーバー。。。。





こっちも、散々振り回されて、ご飯を食べる暇もなく、ボロ雑巾のようになったカラダにムチうって、朝、なんとかのりきりました。。。



朝方になれば少しはマシになってくるかな~と思っていたのに、朝になるにつれ逆にフィーバー。
薬を二回投与しても全く効果なし(涙)



昨日の消灯前は天上が落ちてくるや、ねずみがいるだの、子供がはいってくるだの、靴が天上にいっぱいだのと言ってたのですが、まだおとなしくベッドにおられたんですよね。。。


その後、詰め所にきて過ごしても、ドアや窓を凝視して、たくさんの顔がこっちをみてるとおびえはじめ→自分だけ悪霊にとりつかれた、死神がいる→宗教団体に命を狙われているに変化してきて、「まだ死ぬには早い!!殺されてたまるか!!!!」と大声を出して戦いだす始末。。。。


私達には見えず、自分だけがみえていると思い込んでいるもんだから、どうしようもなく・・・。
そして、ジェントルマンなじいちゃんは、見えない私達まで守ってくれようとしていたのでした(涙)


どんだけ優しいねん(大涙)



私が詰め所となりの病室にいこうものなら、ドアを開けて「早く戻ってこい!」と何回も救出にきてくれました。
窓に妻や息子の顔がうつりだすこともあり、早く帰るように言いにいく!と頑張る姿も・・・・。





夜間の不穏患者さんの対応はいままでに、いろいろ経験してきましたが、今回のようなケースははじめてで、体力的にも精神的にも疲労ピークやったんですけど、憎めませんでした。
むしろ、OP後なのでしんどいカラダを押して、戦い続けるじいちゃんがかわいそうでした。



ふと、映画、「ビューティフル・マインド」を思い出しました。
本人の頭の中ではすべてが現実に見えていて、幻覚と思えず恐ろしい思いをしているんですよね・・・。
映画は統合失調症の数学学者の話ですが、この映画を見ることで、幻覚の見える世界っていうのがどういうものか、リアルに体験できます。







結局家族にきてもらっても、全然駄目だったのですが、主治医が到着した9:30にはバクスイされていました・・・。
そりゃ・・・そうなるわな・・・と思いましたが、主治医にその現場を見てもらえなかったのはちと悔しい(笑)
本当にこのじいちゃん・・・・肝切OP後5日目、肝機がまだまだ4桁とかの状態で本間によくカラダもちました・・・^^;



今晩はどうなんだろう・・・



とりあえず、私も相手の先輩もくたくたで、、、私は17時までバクスイしました、がカラダがだるい・・・
あ~~~週に2回も夜勤があると辛いっす。。
さて、ご飯でも食べますか・・・。
[PR]

by himenobile | 2008-09-14 18:40 | ♪看護&医療

久々の挿管

b0039246_1236932.jpg
いや~~はや。
休み明けで久しぶりに夜勤に入ったら、あたっちまいましたよ。
全く。
深夜は変わりなかった患者さんなんだけど、本当に急に!
朝の6時から、洗面で各部屋をまわっていくんですけど、急変したのは6:10.
このクソ忙しい時に~~~~!!
ちょっと待ってくれ~。

といっても、患者さんは待ってくれないので、ちょっとバタバタしました。
肝臓Kでターミナルの患者さんなんですけどね、なんとCPR要な方なんです・・・。
本当に挿管していいんよね?
と朝から、もう一回主治医に確認。
当直医にも連絡して、いつ呼ぶか分かりませんので宜しく!と電話いれといて、ちょっと様子みてました。
いきなり、SPO2が下がってきたのですが、O2を10Lまで上げたら、あがったので吸引して様子見てたらまた下がってきた・・・^^;
15Lにすると100%キープできてて、また10Lまでさげたんだけど、それでも97-99%で好調。
深夜はナース二人しかいないので、なんとか日勤まで持たせようと祈りながら、本日OP患者のバイタルや浣腸に走り回りました。
こんな日に限って、本日のOP患者7人!!全く泣ける話ですよ。

一応、部屋も全部まわって、浣腸も終わって、OP前患者の準備と記録・・・と思っていたら、7:30.
またSPO2が下がってきた。
ぎょぎょ。
ゆっくりだけど、徐々に下降。
もう一度吸引するけど、ゴロゴロゆってるわりに引けない。
嫌な予感。

80%台まで落ちてきたので、こら限界来るかも・・・と挿管準備とレスピレーター準備。
当直の先生がくるまで、胸郭押して呼吸助けてたら、80%はキープできてたんだけど、また急に70に。
アンビューでもみもみして、80%キープできるまで10分くらいかかっちゃって、本気でヤバイと思いました。
ま、なんとか手際のよいバイト先生だったので、うまく挿管できたのでよかったのですが。。

この日は同期の子との夜勤で早出は一年目という素晴らしいくらい泣けるメンバーだったんですよね。。
ゆっくりとした挿管はやったことあるけど、本気の急変って、誰もがはじめてで、パニックになるかと思ったのですが、意外と落ち着いて役割分担してサポートできました。
こないだ、ACLSの研修で挿管の準備や練習を何回もやってたので、助かりました。
あせらずにすみましたよ。研修に感謝。


しかし、この患者さんがまさか、こんなすぐに急変に陥るとは誰もが思っていなかったので、薬剤もサーボも用意できてなかったのは痛かったですね。
日勤でちらほらメンバーが集まってきた時に誰もが「うそ!」って言ってましたし・・・。
ディプリバンくらい病棟に一本置いといて欲しいっす。。。


挿管して、もちろんSPO2は100%前後で保たれてて、いい感じだったのですが、今度は血圧が下がり始めて、イノバン開始。
そのまま日勤に引継ぎしたので、どうなったかはわかりませんけど、患者さんしんどいでしょうね~。
自分の親だったら・・・といつも考えずにはいられません。

もちろん、CPRをするかしないかは、本人や患者さんの考えによるものなので、誰にも批判や意見はできませんけど、それでも、長い間苦しんでる姿を見るのは辛いですね。
もちろん、一番辛いのは私達スタッフでなく、患者さんと家族さんなんですが。


明日は出勤。
患者さんどんな具合か気になります。
[PR]

by himenobile | 2008-08-21 12:36 | ♪看護&医療

ACLS研修

今日は公休ですが、ACLS研修に行ってきました。
朝8:30集合で、終わったのは17:40・・・。
長かった~~~。

ACLSって何よって方のために。
HPから抜粋。

ACLSとは?BLSはBasic Life Supportの略で、一次救命処置と訳されるのに対して、ACLSはAdvanced Cardiovascular Life Supportの略で、日本語では二次救命処置と翻訳されます。
BLSは人工呼吸、心臓マッサージによる心肺蘇生法からはじまりましたが近年は除細動までもその範疇に入るようになりました。
ACLSは気管挿管、薬剤投与といった高度な心肺蘇生法を示しますが、心停止時のみならず重症不整脈、急性冠症候群、急性虚血性脳卒中の初期治療までを網羅したものへと進歩してきています。



というわけで、簡単に言うと救急蘇生ですよ!
実際に医療現場で心臓マッサージ(最近は胸骨圧迫というらしい)をしたことはあるけど、本当の急変に立ち会ったことや発見したことは一度も無い・・・。
実際に起こったときに、まず何をするかを、嫌というほど何度も何度もシミュレーション体験するので、自然とカラダで覚えてしまいました。
心マも、幾度となく、やり続けたのでもう、できるか?という恐怖はないです。
気道確保も。

それよりなにより、モニターを2~3秒で読んでDCショックが必要かを判断するのが難しい・・・。
看護師は挿管まではしないけど、今日ははじめて挿管の体験もしました。
あれ、結構難しいね。歯を気にしなければできそうだけど・・・。

それと、除細動も初体験。
病棟にはあるけど、使用したことなんて一度もないし、放電したことも一度もない。
何回も使用してみて、やっとこさ慣れました。


実際の技術を学ぶだけじゃなく、それぞれシナリオがあったりして、状況が変わる設定で、実習をやるので、毎回ドキドキです。モニターも毎回違うし、途中でVFになってたりするし、かなりリアルでした。


これ、看護学校時代とか新人研修でもやっとけば、夜勤こわくないと思う。
チームの中では一番の若手だったけど、なんとかできました。

楽しかったし、こんなに身につく研修はなかなかないな~とも。
行くまでは二日酔いだったし、だるかったけど、行ってよかったと思える研修でした。
[PR]

by himenobile | 2008-07-28 01:10 | ♪看護&医療