2006年 08月 17日 ( 1 )

怒涛の一日

休み明けから、まだ3日。
体がなまっているというのはいい訳だけれど、毎日うだるような暑さで、疲れも取れず、毎日仕事→寝る→仕事→寝るってかんじの今日この頃です。

今日の一日はまたすごかった。
ぼそっと「新人なんすけど、こんなに抱えていいんすかね?」と聞きたかったほど。
6人部屋を2つ。
昨日のオペ後が二人。
本日、ケモの患者が一人。
本日オペの患者が一人。
輸血を行わないといけねー患者が一人。

どうやってスケジュールくみあわせるかってのが難しい。
もちろん、やることはこれだけじゃない。
点滴する患者もいれば、持続点滴の患者もいる。
とくに、ケモや輸血する人なんかのルートをつくるのが難しい。
あの閉鎖式の組み合わせるブロック類は、なんとかならないものか?
おまけに、外来と病棟で使用する物品がちがうので、造影CT後の患者さんの、ルート組み合わせにも泣かされた。
ああいう頭を使うパズルは苦手だわ。

ケモのメニューってややこしいし、間違えたら大変なことになるから、普通の点滴以上に神経使う。薬剤を詰めるときも、危険だし、何バイアルもあるからまた大変。時間におわれつつ、ミスしないように注意しないと。
そんなこんなで、オペは帰ってくる、ケモは重なる、輸血は始まる・・・って、もうね。
とにかく、なんのミスもなく一日が終わったことに感謝しよう。

それと、うちはスポーツ整形という科があるわけじゃないんだけど、その手のベテラン先生?がいるので、飛び込み入院が最近多い。サッカーやら、バスケやら、アメフトやら・・・。
T県で合宿中のアメフト部が続けて二人も入院だからね。
他府県からの入院も多いんだけど、その県にオペできる医者はいないのか?
わざわざこんな田舎にこなくてもーとか思ったりするんだけど。
あっ、最近嬉しいことが。
こないだお見舞いに行った、元受け持ち患者さんも言ってたけど、抜釘しなくてもいい、釘ができたそうですね。
今までだと、骨折部に釘をさして固定し、一年後にオペしてぬくってのをやってたんだけど、最近導入されたものは、半年すると溶けちゃうらしい!
すげー。
これで、抜釘だけで入院してくる患者さんも減るわけだ。
患者さんもラッキーだよね。
めでたいめでたい。



とはいえ、みなさま怪我はしないようにお気をつけくださいませ。
お願いいたします。笑
[PR]

by himenobile | 2006-08-17 21:12 | ♪看護&医療