怪談

b0039246_027678.jpg



怪談を観てきました。


確かに美しい映像美の映画だったとは思いましたが、それ以前に






めっさ









怖い





ヽ(ill゚д゚)ノ  アンビリバーボ







怖いシーンはほとんど目を伏せてしまうほど、怖かった。

怖すぎる。
マジで



途中でさぶいぼ立ったり、肩が重くなったり、お腹が痛くなったりと忙しかった~~。


ただ、人を怖がらせるだけの映画じゃないからこそ怖いんだよね~~。
しかも、黒木瞳ですよ。
あの、美しさが一層怖くさせる。



以下ネタばれ注意




黒木瞳が亡くなった瞬間から、あの映画の空気がかわった。
かごの中から手がでてきたのはもちろん、その後の死後処置してる時のあの黒木瞳の顔!!!
死んでるのに、こっちみて微笑んでる・・・




Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ




今思い出しても、鳥肌立つわ~~。
ちなみに公式サイトで、この「微笑」みれるから、興味のある人はみてみて。
是非。


井上真央と旅してる時に追いかけてきた黒木瞳のところは見れなかった~~。
悔しいけど、、、だって、あの雨の中、橋を歩く足音だけで、ダウン。。。
怖すぎて、一緒に見に行った相棒の肩を叩きまくったさ~~。
怖すぎてじっとしてられね~んだよ。


何回かでてくる、ぼかしのかかった微笑みの映像も怖いね~。
普通にみれば、「あ、黒木瞳やん」な映像なんやけど、あの微笑み方、美しさ~~~。


そして、次々と人が死んでいくんですが、その中でも特筆すべきなのは、あの
コドモでしょうな。


出てきた時から怖いもんね~~。

別に怖い表情をしているわけではなくて、何も笑わずにじ~~っとこっちを見てるだけなんやけど、あれこそが怖いというのを監督はわかってるんだよね~。
流石、「リング」の監督だけある。
最後の最後まで怖かったし。



コドモは泣いたり笑ったりするのが普通であって、それを行わない「おとなしい」コドモというのは異常。
そんなことが、こんなに怖いとは思わなかったなぁ~。





そういえば「大奥」にでてるメンバーがたくさんでてたなぁ~。
「新撰組!」のおりょうさんもでてたw
麻生さんって、時代劇とかよくでてるよね~。
着物が似合う。
自然。


着物を見てるのも楽しかったなぁ~。
あれ、何結びっていうのかわからないけど、かわいいお太鼓だった。
井上真央だけが、着物に着られてるってかんじだったけど、若いから仕方ないか~。



女のほうばかりを書きましたが、主人公の尾上菊之助さん。
この男もすごく色気があって、綺麗でしたね~。
私はああいう役柄の男に魅力は感じないけど、でもすごく立ち居振る舞いが綺麗だった。
男というよりは、女のよう。
そして、優しい。

流し目があんなに上手い役者っていないんじゃないだろうか?
エビゾウには絶対にできね~技だな(笑)
歌舞伎役者って、たいがい大げさな演技が多くて、うるせ~よ!!
とかんに触ることが多いので好きじゃないんだけど、この尾上菊之助さんはイイ。

息遣い、間のとりかたが上手い~。




主題歌を歌ってるのはあゆなんだけど、映画が終わって、あゆの歌が流れ出した時は「やっと現実に帰ってきた~~」ってかんじで、ほっとしました。

あゆでなくて、しんみり歌う歌手だったら、肩の重さは倍増だったろうね~~。


今日はこれから寝れるかな~。
夜勤明けなのに、全然寝れなさそ~~φ(TдT ) ウゥ…
[PR]

by himenobile | 2007-08-22 01:23 | ♪映画