「ほっ」と。キャンペーン

散財

6時間の睡眠後、予約していたエステに出かけ、そのまま買い物に。

最近はオカルト小説や、妖怪探偵団などのような、日本各地の妖しい名所ををたずねる本ばかり読んでいた。
つぎ込むのはそういう怪しい本たちばかり。
今週だけで、9冊購入した。
寝ても覚めても妖しい世界にドップリつかっており、その手の専門書にまで手を伸ばそうとしていた。
そんな中、昨日は患者がなくなり・・・またいろんなことを考える始末。
・・・・・このままの生活では私はやばいかもしれない・・・

そう思って、ショッピング。
でも、行く前から何か買おうとは思ってなくて、ただブラブラしようーというかんじ。
購入欲もナシ。
世間はすっかり秋モードになっているけど、人は人。私は私。
最新のファッションに身を包むことにもう喜びさえかんじなくて、本当に私はトシをとってしまったんだなぁ~なんて、相棒とぼやいていた。


もともと私は、何か新しいもの~と思って、買い物に出かけても全く何も買わずに帰ることのほうが多い。
気に入ったものがなければ、絶対に買わない。
妥協してなんて、絶対買わない。
しかも、考える余裕を与えないほど、すべてが自分のツボにはまり「ズキュン」とくるものにしか手はださない。
だから、「あっ!」と思ったら、もうレジに直行ってかんじなので、みつかるまでが私のショッピングでの勝負。
でもいい出会いがなければ、全く手をだせないので、困るときもある。
今シーズン新しいもの一着もナシっていう時もあるからね^^;


だから、何着も何着もガラスケースの上で並べて眺めて、着比べて散々迷っている人の気持ちがわからない。
迷うなら買わない。
それが私のポリシー。


そんなわけで、いつものごとく何の期待もナシでブラブラしていたら、、、、きましたきました。
久しぶりの買い物。
夏前にワンピースを買ったきりで、本当に本当に久しぶりの買い物。
特になにが欲しいというわけでもなかったんだけど、上の服を2着、靴を2足も買ってしまった~。
約6万円もの出費。
いやー恐ろしい。

でも、買うときは迷いがない。
だって、もうこの出会いはないと思うし、今買わなければ次はないと思うので。
一期一会。

高島屋の靴コーナーにデデーーンとディスプレイしていた、かわいいピンクの女靴。
一目ぼれして履いてみるとこれまた、足にぴったり。
ヒールの高さも私好み。
これは買いだなぁ~と思って、ふっと横を見るとめっちゃかわいいブーツまでディスプレイされている。
はいてみる。
かなりしっくりくる。
ヒールの高さも◎。

店員さん呼んで、これとこれをw
即ゲット。

相棒に潔い買い物で気持ちいいね~とお褒めの言葉(?)をいただく。
そういう相棒も、お気に入りがあればドカンと買うので同じ人種なんだけど。

ついでに美容液も買って、夏の枯れたお肌対策。
新作の香水のサンプルもいただいて、ご機嫌。

家に帰って早速、一人ファッションショーしようと思っていたら、おとつい注文した妖しい本が届いていて、今日は本当に久しぶりにモノに囲まれた一日になった。

いやーでもたまには、ちゃんと女の子しなくちゃね。
シーズンごとに何か新しい服も取り入れて気分も一新しなきゃー。
お気に入りの一枚となりそうな、インポートもののブラウスは早速明日着ていこう♪

チャリ通勤だと、誰にも会わないので、お洒落する気力もないんですけど、それじゃダメですねー。しかも、チャリは大好きなワンピースが着れないので、悲しい・・・。
しかし、今年はスカート、ワンピを多く着た夏だった。
夏はワンピに、キャミネグりジェできまりですね。
涼しいのなんのって!
男性にはわからん涼しさなんだろうなぁ・・・

ああ・・女で良かった。
なんちゃって☆


オマケb0039246_0492718.jpg

寺町通りを歩いていたら、霊を送る鐘のある、矢田地蔵尊に遭遇。
きっちり覗いて来て、写メしてきた。
京都でのお盆は、五条の方で(珍皇寺)ご先祖様の霊を迎えて、ここ寺町の矢田地蔵尊で鐘をついてお送りするのが慣わしなんですね。
今日も地元の方が参りにこられておりました。
なかなか興味深いお寺の内部でした。
[PR]

by himenobile | 2006-09-11 00:37 | ♪うらら日記