気分転換

ファーストインパクトが到来してから、ようやく落ち着いた。
休みがあって良かった。
休みがなく、あのまま走りつづけなければならなかったら、完全に発狂してたな。私。

みなさんからの温かいコメントにも本当に救われました。
無機質だと思っていた、ネットの環境の中でも、私には必要なものがたくさんあって、パソコンも悪いもんじゃないなぁ・・・と年寄りのようなことを考えてました。

会ったことのない人達だけど、いろいろな言葉をいただけて反省したり、励まされたり、元気をもらったり。
本当に感謝しています。


あの地獄のような精神状態の次の日は、またわざわざ会いに来てくれた患者さんとも会えて、気持ちも楽になった。
しかも、順調に回復していて、「学校でももう大暴れしていて、怒ってください!」とかお母さんが言うほど元気になっていた。良かったね。


その日の受け持ちじゃないのに、わざわざ私を探して挨拶しにきてくれる患者さんの家族の方とか。バイタルの観察や訴えを聞くとか、それくらいのことしかしていないし、オペ後だから、様子を頻繁に見に行ったり、痛みに手を握っていただけなのに、そんななんでもないことが家族の人には嬉しかったりするんだなぁ、と勉強になった。


何も言っていないし、態度にもだしてないのに、「このあいだの深夜は大丈夫だった?ちゃんと体休められてる?大変だったね」
とか気遣ってくれる、先輩もいて、あー。分かってくれる人にはわかってるんだなぁ。
私も、こういうような心使いが自然にできる人にならなアカンなぁ~とか、思った。


毎日嫌なことからも学ぶことは多いけれど、嬉しいことからも学べることが多いと気づいた一日。

神様はよくみているな。
私の限界をみて、「暴れだす前に、おさえておかなくちゃ!」という魂胆だな。

辛かった分嬉しいこともその倍になって返ってくるし、ツライ思いをするのも悪くないかも。
いや、でも、あの精神状態はもう当分勘弁して欲しいけど。


今日は一日お休みだったので、大好きなスカルラッティのソナタを弾きつづけた。
ベートーベンの悲愴を弾きながら、いろんなことを考えた。
少し上手くなった。


私らしさ、私そのものを見失わずに、ちゃんと仕事して、ちゃんと生活して、人にも優しくできて・・・。
簡単なことが、できなくならないように、自分でリフレッシュすることが大切だと気づいた今日このごろ。
大切なものを守るために私も、もう少し強くならなければ。

そう思いながらも、少しくらいの羽目はずしは許してね。
ごめんなさい。
[PR]

by himenobile | 2006-06-05 16:54 | ♪うらら日記