「ほっ」と。キャンペーン

冷え性

昨日今日と、雪の舞う京都。
ほんまに寒うございます。

私は、以前「実は裸好き」ということを、公言していましたが、何を隠そう実は「冷え性」
冷え性のクセに、何が裸好きやねん!ってかんじですけど、冷え性です。
でも裸好きもやめられません。
特に下半身が、かなり冷え込みます。

冬にお風呂に入るのが2回なんてこともザラです。
一回目はなるべく半身浴系で、今年は受験勉強をしながら毎日1時間以上は、お風呂に入っていました。汗もでてくるくらい温まってるんだけど、冷めるのがまた早い。
それでも、2時間くらいはまだ大丈夫でも、足先とか凍傷おきるんちゃうってくらい、感覚がなくなってきて、大変です。

そんなときは「下半身」だけお風呂に入ります。
ええ。
パジャマの上を着たまま、お○りだけ、だしてよっこらと入るわけです。
ちょっと情けない・・・。
でも、下半身があったまると、心地よく眠ることができます。

あと、本を読みながらベッドにいて、眠くなったので寝るのに、布団の中にいるのも関わらず寝れないとき。深夜3時とか、体温低下度はかなりキツイです。
そんなときも、眠い目をこすりながら、下半身だけポンになって、ぬくもりに風呂場へ・・・。
まさか、嫁入り前の娘が、夜中「ポン」で「あふー」なんていいながら浸かっているとは、知らない親を横目に、コッソリと。
たまに物音で、目を覚ました親が目覚めついでに、トイレに起きてくるんですが、怒られますね。「こんな時間までお風呂に入らないでなにしてたの!」と。
「いや・・・二回目です。」とも言えずに、「へーへー」と流しておきますが。

友達の家でも、お泊りに行った時、二度風呂させてもらいました。
いやーん。もう。
私の足をさわって、納得してくれましたが。

この前行った温泉でも、合計4時間もはいっていたのに、冷え切った下半身をどうしようと悩んでいました。24時間温泉に入れるなら、一人で行っても良かったんですが、入浴は12時まで。時間は2時。
すると、隣の布団の友達が、足を私の布団にいれてくれて、絡み合わせて温めてくれました。
もちろん女の子同士です。そして、そういう関係ではありませんので、そこんとこお間違えのないように。

しかし。
ここで凄いと思ったのは、皮膚と皮膚をあてると本当に短時間で温かくなるということ。
母性実習中に、カンガルーケアを見ていて、寒くないのかな?と思っていたけど「背面だけはタオルをかけていれば、皮膚を通して温かさが伝わるから大丈夫」と言われていたことを思い出しました。
雪山で遭難したとき、小屋の中で服を脱いで抱き合って寒さをしのぐ、なんていうのもその良い例なのかもしれないと思い直しました。


ふーむ。
ということは、毎日横で私の足を温めてくれるヒトがいるというわけですな。
もし、お見合いするとすれば、
「毎日私の下半身を温めてくれる方募集」
というコメントをつけておかなければ・・・
[PR]

by himenobile | 2006-03-31 22:18 | ♪うらら日記