看護師という女の職場

実習やら国試やらでなかなか会えなかった友達と最近頻繁に会ったりしてるんですが、昨日は1年ぶりくらいに会う友達と、その友達の家で楽しい夜を過ごしました。
二人とも子持ちで一人は3人(男2・女1)、もう一人は2人の女の子。
5人も子どもが集まるとすげー!ことになってましたが、子どもは子どもで上手に遊ぶんですね。そんなわけで、私たちも話に花が咲き乱れていました。

この二人は看護師さんなんですが、まーいろいろ話を聞くと、やっぱりこの道を選んで良かったのか・・・とちょいと鬱。
でも「結婚して子どももできると、そんなことくらいではへこたれなくなる。」「守るものがあると結構強くなるもんよ。」と岡山弁、山口弁まじりの二人にはげまされました。あっ、でも私独身なんですけど・・・・。汗

b0039246_15203921.jpgそんな中、友達の家のチャイムが鳴る。
こんな時間に、誰?とでると、同じく仲良しの主任さん!(看護師)
「卒業おめでとう!!」と大きな花束持って、わざわざ会いにきてくれて、感激。
でも、その主任さんも去年から師長さんに昇進して、いろいろ大変そうでやつれていました。
仲間だった人が次々やめて行って、無力な自分に情けなくなる・・・なんてこともボソッと言ってb0039246_15205250.jpgいて、女の職場の難しさに恐ろしさを感じます。
私もこんな中で、うまくやっていけるんだろうか。
ただでなくても、仕事はわからんことだらけで、汗汗。なのに、恐ろしい人間関係にのまれるなんて瀕死じゃないですか?
しかも、私の配属される病棟は、一人おそろしー人がいるらしく、その人のせいで自殺未遂起こしたことがある人もいるって聞いてるんですけど・・・・・。

まわりの友達は「あんたならなんとかやれるよ!」ってお気楽に言うけど、いつも強いそぶりそしてるだけで、本当はめっちゃビビリなんですって!毎日毎朝下痢とか起こしちゃうくらいの精神力なんですってば!!
正露丸片手にどこまで走りつづけられるのか。
ううう・・・怖い。

ビビッていても、もうすぐ入職式。
強がりつづける仮面をつけて、でも自分を見失うことなく、うまく適応していけるように頑張ろう。
ああ・・胃が痛い。
[PR]

by himenobile | 2006-03-25 15:21 | ♪うらら日記