「ほっ」と。キャンペーン

格安物件のマンションのわな

b0039246_1773387.jpg「左近太郎」というお店に行ってきました。
某講師の先生方と友達といってきたのですが、いい雰囲気のお店でした。
ちょうど、6人だったので、お茶席のような個室を予約でとっていただき、くつろげました。小さな庭が上から眺められて、ホッコリです。
いい雰囲気のお店でおいしいもの食べてしあわせです。
でもよ、話の内容はなぜか怪奇現象の話へ・・・。

某先生が横浜に住んでいる時、駅から近い部屋でなるべく安い部屋を・・!!という要望で探していると、駅から近いのに格安物件が見つかり、そこへ住んでいたそうです。
しかーーし。その先生の奥さんが、感じる人だったため、何度か金縛りにあい、あまりにも苦しそうなので先生が起こしてあげると、「ぎゃーーーーー!!!!!!」と叫ばれ非常に先生も怖い思いをしたそうです(笑)
ちょうど、そのアルモノが奥さんに乗ってきようとしていたところ、先生が起こしたので奥さんにとっては大変な恐怖だったのでしょう・・・。
そして、引っ越すことが決まってある日、近くの床屋さんにいくと、そのマンションは自殺した人がいるということを、教えてもらったのだそうです。「もっと早くに教えてよーー」といったそうですが、んなもん、教えるわけないですよね。

山岸涼子の「幽霊奇談」かなんかの、漫画にも同じようなことがかかれていました。その漫画では、姉妹が住むアパートに誰もつけてないのに、家に帰ってくるとコタツがついている。そして、閉めても閉めても押入れのドアが開き、中から誰かが覗いているといった感じのある部屋だった。どうしても恐くて逃げ出して不動やさんに聞くと、その部屋で殺人事件があり、押入れに死体が布団にくるまれて放置されていたという結末だったと思います。怖いですね。
格安物件には注意しましょう!!
[PR]

by himenobile | 2005-12-19 17:07 | ♪うらら日記