ブラザーズ・グリム

b0039246_22471119.jpg


今更ですが、「ブラーズ・グリム」を観にいってきました。ホントはハリーポッター観たかったんだけど、まだまだやってるだろうと思って、先にコレを見ました。
感想は、まぁこんなもんかってかんじです。
美術が結構凝っていて、良かったですね~。「スリーピーホロウ」を連想させました。
村の作りとか、塔のつくりとか衣装とか小物とかも良かったですね。あの女王さまがすげーー綺麗だったんですけど。びびってしまった。「美しいって罪ね。」ホントにこの言葉がよく似合う。
赤頭巾ちゃんとか、ヘンゼルとグレーテル、ラプンツェルとかでてきて、わかるところは面白かったです。顔ナシになってしまうシーン(CG)は気持ち悪かったけど・・・。
ストーリーは、まぁこんなもんかな、といったかんじでしょうか。でも、私が気に入らなかったというか、イライラさせられたのは、兄弟のジタバタっぷり。落ち着きのない動作、後先考えない発言、喧嘩っ早さは、姫様(?)にとっては見苦しいし、観ていてもしんどい。映像の速さもあるんでしょうが、そこはしんどかったです。
といいつつ、ああいう時代物のお話は大好きです。
綺麗なもの大好き~♪

次はハリーポッターみるぞ!あと、3月にはナルニア物語。あとは邦画で気になってるのが、豪華な出演者&三谷さん脚本監督の「ザ・有頂天ホテル」これは見逃せませんぜ~。兄貴ィ~☆
[PR]

by himenobile | 2005-12-04 22:33 | ♪映画