「ほっ」と。キャンペーン

怪奇現象?

ご飯食べて落ち着いたので、ちょっと恐かったこと書いてみます。
今日もチャリンコで学校に登校して、暗くなってきたから急いで帰って見ると、玄関先に母がいて、外に出ようとしている。携帯握り締めて。
「どしたの?」って聞くと、「今電話しようと思ってたんや」と言う。
「ナニヨ?」と軽く流しながら二階にあがろうとすると、「二階に誰かいるみたい」という。流石に私も、は?と思い、下から階段を見上げて見る。
声が聞こえる。
ってか、テレビがついている。
「テレビがついてるだけやんか」というも、誰がつけたの?ってことになる。
うーーーん。普段めったに入らない部屋にある、テレビが勝手についている。
確かにおかしい。

母は自分から二階にいって確かめる勇気はないらしい。仕方ないので、私がドスドス上がって部屋を見渡すと、やっぱり誰もいない。
テレビがついてるだけ。
部屋も荒らされた気配なし。
OK!のサインだして、母と検証。
しかし、テレビのリモコンがみつからない。
ヘンだ。
押入れの中をみて、誰もいないことを確認。いるわけないのだが、一応みておかないと気味悪いので。
もしかしたら、父が帰ってきてテレビを二階でみて出て行ったのかもしれない!と思い電話するも、一日中、会議に出ていたため家には帰ってないという。
父も不思議がっていたが、まぁなんかの拍子についたんでしょう。
それとも、鏡台の上に座っているアンティックドールが暇すぎて、テレビつけたのかも知れないなぁ・・・。
[PR]

by himenobile | 2005-11-08 19:05 | ♪うらら日記