本日のうだうだ日記♪

今日は学校登校。
でも、施設体験実習の私はやることがナイ。
やることといえば、卒論の大幅な書き直しくらいである。

何度も強調して書くが、大幅な書き直しである。
普段、ブログにだらだら、支離滅裂な感情の書きなぐりをしているので、今回もうっかり書きなぐりしてしまい、先生は白目をむいていた。ごめん。

何がいいたいのかが、イマイチはっきりしない。
構成がむちゃくちゃ。
文献ともうまくリンクしてない。(←文献読むのが億劫なので、去年の先輩が引用してるのをそれらしくパクッて書いた)

言い訳は「期限内に出すことに意義がある!」

先生「・・・・・。ハイ。次に期待しています」





そうこうアホな事ばかり、いっていられないので、ここは客観的に突っ込んでくれる、ギョーカイでいう「担当」さんが必要だ。
白羽の矢はすぐに当たった。
私よりもヒマそうにしている、自宅研修組のMちゃんである。
私の野望を読み取られないように、うまくすり鉢にのせて、推敲してもらう。
はかどる・・はかどる。
流石、Mちゃんである。

奴の文章は、”文はその人を表す”のごとく、流暢で滑らかな女らしい文章だ。
優しく、手にとるようにその状況が浮かんでくる、そういう女流作家だ。(?)
まぁ、私のライバルではない。
分野が違うのだ。

えと。そんなことが言いたいのではなくって、トドのつまり、
推敲は客観的視点から、文を読み、切り貼りして構成しなおして、スポットを明確にすることが大切なのだ。
え~と、普通は1回目の草稿でココまでできていなければいけないのだが、なにせ、律儀な性格の私は、期限に遅れることを忌み嫌っているので、仕方なかったのである。
ええ。ええ。夏休みは4週間ばかしありましたけど、いろいろ忙しくってねぇ・・。


言い訳はこの辺にして、友よ!ホントにありがとう♪
これで、今日も爆睡できます。
[PR]

by himenobile | 2005-09-28 21:57 | ♪うらら日記