興福寺

奈良命himeです。
今日も奈良についてテキトーに語ります。

世界遺産興福寺♪
興福寺は中臣鎌足(藤原鎌足)の病の平癒祈願の為に建てられたお寺です。
奥さんである、鏡大王が造営したんですね♪
ちなみに、万葉集で有名な額田王のお姉さんです。お姉さんの歌も有名ですけどね^^;

写真は国宝、東金堂と五重塔デス。この五重塔日本で二番目に高いのだとか。
b0039246_17582690.jpg


b0039246_18375421.jpg興福寺国宝館といえば、ハイ。阿修羅です♪
今日の奈良訪問のきっかけはコイツです。コイツが私をよんでいたの!!ぎゃぼー!!

して阿修羅は美しかった・・・はう・・。
これが阿修羅?戦闘の神?と思うほど美しい。(説明読むと深く仏に帰依した姿で表されているそうです)
眉間にしわを寄せた、その表情は人間のようで、生きてるんじゃないか思ってしまうほど。
三面六ヒ(←漢字がナイ)腕の肉付きが一定の太さ。
その太さに、違和感感じてしまうも、絶妙なパイプの配管設定にただただ感嘆するのみ。
ほぉぉぉ。
ちなみに、右側の顔はやっぱり貴乃花に似ていた。
そやけど、創建当時から腕あげっぱなしで、さぞかし疲れているであろう。
「戦いのほうがラク・・」なんて、こっそり語ってるんじゃないのか?


b0039246_18381231.jpg一番左端っこにいた、少年Aは、腎臓が悪そうであった。
浮腫った顔、顔色の悪さ、どことなくだるそうな表情、立ち方。
キミはネフローゼか??

少年の名を沙羯羅像という。
なんでも、八部衆のなかでは、「龍」担当らしいので、あながち私の推理は外しているわけではなさそうだ。(水ってことで。)
この少年も一度見たら、忘れられないような像だった。
その憂いに満ちた表情は、見るものの心を離さない。
そして、母性本能作動・・うィ~ん。

まっ。調子悪くなった時は受診してくださいな。


b0039246_18383623.jpgもう一つ印象に残っているのが、須菩提像。
のだめが、勝ち誇った時シュールに微笑む時の表情ににている。
ほほほ。ってやつ。
[PR]

by himenobile | 2005-09-20 18:41 | ♪うらら日記