小林古径展

小林古径のほうも実習中から見に行きたい~と思ってたので、やっと見れて幸せ。
結構ギリギリだったので、あせあせ(-_-;

ルーブルを先に見たので、落ち着きました(笑)
この繊細さ、シンプルさは日本画独特ですよね。
私は、上村松園が好きなんですが、小林古径もまたこう、心の琴線にふれますわvv
素敵・・・

b0039246_5263629.jpg
小さい頃から、大事にしていた、切手の「髪」。
ようやく原画を見ることができて、喜び♪
これかぁ~と陶酔してしまいました。

風景画とかもあったんですが、なんでこんな風に木が描かれていて、なんでこんな雨が降っていて、山にこんな部分だけ木が生えてるのか、見れば見るほどその表現力に引き込まれていきました。
見たままを描くのではなく、独特の表現ですよね。
不思議だけど、素晴らしいの。
なんなんだろうこの感覚は。


教科書にものっている、「清姫」もありました。「ATフィールド全開!」って思わずいっちゃった。オタクです。
竹取物語も良かったなぁ。彼氏はずっと、「タケトリノオキナトイフモノアリケリ・・・」と冒頭の文章を呪文のように唱えてましたけど・・・^^;
孔雀も見事だったなぁ~。

b0039246_5265876.jpgお土産にまた、この→クリアファイル買っちゃいました♪
[PR]

by himenobile | 2005-08-29 05:27 | ♪うらら日記