いらっしゃいませ 患者さま

b0039246_492460.jpg
またこんな映画を観てしまいました・・・。
私の守備範囲ではないんですが、観てみると意外と面白かったです♪
そして結構まともでした^^
(もぉ~ポスターがあやしいから恥ずかしかった・・)

経営難の病院を風俗店を取り仕切る男が、風俗チックな病院に仕立てて金をもうけるっていう話なんですけど、これだけじゃただのコメディーじゃん・・って思われそうですが、ちゃんと真面目な所やシリアスなシーンもあって、安心して観れました。
しょっぱなは、ストリップショーシーンで始まったから、誘ってくれた人を恨みましたけど(笑)

ありえねー!っていうオプションの数々がかなり笑えました。
☆同伴CTスキャン
☆口移しバリウム(しかも、とんこつ味とかがある)
☆膝枕点滴
☆食事介助(自力で食べれる人が対象)
☆ジャングル診察ツアー(ディズニーのジャングルクルーズ風なナレーション付き)

いやー実際に、こんなオプションサービスがあったら、男性の方はお金払ってまでやって欲しいもんなんですかねぇ・・・汗
口移しバリウムなんて、まずいバリウムが余計にまずくなるんじゃ・・・^^;
おえ~。。。
CTスキャンも毎日やってたら、相当な被爆量になりますが・・・。
そのへんの手当て込みで、4000円というのは高いのか、安いのか・・??


この映画にでてくるシーンの一つ一つはちゃんと医学的にも正しい処置や順番だったようです。
私は名前は知ってるけど、詳しくはわからなくて、オペ中の薬の投薬が何を意味してるのかなど、一緒に観にいった人が解説してくれて大変勉強になりました。心電図みて、あっこんな状況!ってのがわかるようにならんきゃいかんのでしょうねー。将来的には^^;
ヤダー。映画なのに勉強しに行ってるみたい。。

こんな映画みたいにヘンなサービスは必要ないけど(笑)、病院もこれからはサービスが大事になってきますよね。
腕がいいだけじゃダメ。
対応や接遇もしっかりできなくちゃね♪
あたりまえのことなんだけど、サービス業だからそういうことも忘れちゃいけないのよねー。と考えさせられた映画でもありました^^
[PR]

by himenobile | 2005-06-21 04:11 | ♪映画