のだめカンタービレ12巻

今日はのだめ12巻を読みました♪
海外編の続きなんですが、今回のはすんごく面白くて&なかなか奥が深くてよかったぁ^^取材も勉強もきっちりできてるなぁ・・と感心しました。
だって、わかんないことが山盛りだったし・・・。ここが素人の辛いトコ(涙)

ネタバレあり↓

千秋のデビュー曲がシベリウス交響曲第二番!!
一瞬、え??とか思ったけど、これはナイスな選曲かもvv
私はフィンランディア好きなんで、交響曲かぁ・・と思いながらも、でもでも、あの終楽章はイイですよね。ウン。
だって盛り上がる!きれいな主題だし、タメって弾けるし耳に残りやすい♪
この曲全体も澄んだかんじが(空気がきれいなかんじ)したうえに、壮大な所もありーの、オーボエとクラの聴かせるメロディーもあったりして、ドラマチック?だったりしてデビュー曲としてはなかなかオツだと思います。(個人的な意見ですが)

ヨーダともよい関係が築けて、のだめらしさがでてきて愛読者としては胸をなでおろして読めました。しかし、ヨーダってねェ(笑)
私の学校にも、ヨーダに似た講師が来てて、みんな「ヨーダ!ヨーダ!」って呼んでたなぁ・・・。ばれてんじゃないかとヒヤヒヤしたけど(笑)

欄外で峰君がでてきて良かったぁ~^^しかも、桃丘生徒は2%オフって・・ケチくせーおやじ!笑。マエ素トロ丼私も食べたいな。あの、指揮棒がささってるのがポイントですね^^

千秋&のだめの恋も進展しつつあって、これからがまた楽しみだにゃvv
手をつなぐだけであんなになるのだめも可愛すぎる^^
部屋には、千秋の服があって、ニオイ嗅ぐなんてね。いや、私もやったことあるけどさ(笑)若かったね・・・(* ̄▽ ̄)

次の13巻も楽しみデス♪

「のだめ」人気に乗って、いつか、「もじゃもじゃ組曲」が発売されますように。ぎゃぼー。

のだめカンタービレ #12 (12)
二ノ宮 知子 / 講談社
ISBN : 4063405443
スコア選択:
[PR]

by himenobile | 2005-05-15 01:40 | ♪本&漫画