最近の診察について

この間、整形外科にかかった。
例の捻挫で。

その時の医師の対応が、なんだか最近はこう、かわってきているのかなぁと感じさせられた。
対応が悪かったというのではなく、すべてが確認確認だったから。

「レントゲンとりますか?」
「お薬いりますか?」
「今日はこれでいいですか?」

患者を主体とした医療をめざしているんだろうと思うのだが、少々困惑。
短い時間での情報提供に考える余裕もなく、いきなり迫られるといったかんじ。

「ワタシはここまで確認したのだから、あとで文句はいわないでよね」

そういいたげな診察だった。

そのわりには、専門用語をバンバン使って説明するし、そんな説明じゃ素人にはわかんないよ!って突っ込みたくなった(笑)
だってワタシでもついていけない説明だったもん。

最近は医療訴訟が増えてるし、ちょっとしたミスでも新聞沙汰。
医療側も防衛策をとらなきゃやってられないのはよくわかる。
でも、患者の立場に立って見てみると、なんだかヘンだと感じることも少なくない。

絶対にミスを犯してはならない職業だから。
完璧でないといけない。
もちろんそんなことは誰でもわかってる。

でも、そのミスだけに注目してやっきになって叩こうとしてるマスコミはどうなんだろうと思う。
そういった動きが、自分の首を絞める事だってあるのに。

自分に置き換えて考えてみて。

最近世の中が、おかしくなっている。
人間だという事を自覚しているのかな。
傲慢になっているんじゃないのかな。

正体のわからないものにおびえて生きている。
そんな気がしてならない。

その正体は自分たちで作り上げたモノなんだって早く気づくべきなんだよね。
[PR]

by himenobile | 2005-05-02 11:44 | ♪うらら日記