オペラ座の怪人

b0039246_2048495.jpg
観て来ました。
CMの時から興奮して、期待しまくって観にいってしまったので、やはり感想は・・・・でした。
だって、ミュージカル仕立てとはつゆ知らず・・。
いや、ミュージカルがキライという訳ではないんです。ちょっとビックリしてしまったというか。曲がねぇ。ズンズンチャッチャって・・。
ご存知の通りのあのテーマ曲なんですが、私の好みではなかったんですね。メロディーは悪くないんだけど、伴奏が。。ミュージカルだからオペラとは違うこともわかってるんですけど、どうも安っぽく聞こえてしまい、しょうがなかった。すみません。他にはいろいろいい曲、バラードとかありましたけど。でもでも、私個人的な意見としては、これだったら、「エビータ」や「ムーランルージュ」の方がよかったなぁ。CDでも聞きたいという気持ちになれなくて。「エビータ」は聞いていてもすんなり心に入ってくるんですけど怪人は私の路線ではなかったということで。

音楽ばかりに話がいってしまいましたが、映像は抜群に良かったですよ。めちゃめちゃキレイ!!豪華!!衣装がまた凝ってる!!金かかってる!!視覚ではお腹一杯になりました。
あの、主人公のクリスティーヌ可憐でしたね。歌はまぁこんなもんかなってかんじですけど。これなら、サラ・ブライトマンのが上でしょうし、映画出演できなかったのが残念でしたね。仕方ないですけど。
あの若さゆえの愛に揺れる女心が見事だったというか、はまっていたといったかんじでしょうか。全然関係ないですけど、あの白いドレスの彼女は「エリザベート」みたいに見えて仕方なかったです。髪形も髪飾りも(笑)
カルロッタは散々な評価うけてましたけど、耳栓するほどヒドイかなぁ。こっちのがオペラ!ってかんじでした。ちょっとヒステリックな歌い方でしたけど(笑)

ストーリーもまぁ、こんなもんかってかんじでしたが、最後のバラが良かったなぁ。あっ。オークションに来ていた女の人。あれって、誰?マダム?それともその子供?話の筋から行くと、マダムなんだろうけど、ラウルがヨボヨボなのに、あんなにシャンとしてる年頃なのか、謎だ。
まぁ、いいか。
[PR]

by himenobile | 2005-02-24 20:49 | ♪映画