ちょっとイイ話

昨日はいろいろあって、どんよりぎみだった朝。
学校にいく途中ちょっとイイ事がありました。

細い歩行者道を通り、交差点にでた。(車に当たるので仕方なくいつもそこを通っています。) そして、信号待ちをしようと止まる。
そうすると、前に男の子小学生3人が歩いていた。すると、一人のボスのような男の子が、「オイちょっと待て!」って友達の2人に声をかける。そのボスの子が私の顔みてなんか言ってる。
私。冷や汗。。。
小学生に朝からからまれるの図??とびびる。
すると、「あっ、信号渡るの??」と聞いてきた。
「う。。うん。。。」
というと、ボスそのまま立ち去る・・・。

ああ~そうか!
この先の細い道を私がいきたいけど、小学生を優先して待ってるようにみえたんだ。それで、気を利かせてくれて、先にどうぞ!っていってたんだと。。。
私。。しばし感動・・・。

普通の大人の人はこんなに優しい声かけ、気遣いしてくれないよ。いてもほんの少しだよ。みんな自分の事しか考えてない人が多すぎる。現に、その小学生に会うほんの少し前、鳴ってる踏切を怒涛の勢いでこいで来て、あやうく当たりそうになったおじさんがいた。踏み切り鳴ってて、オマケに前から自転車くると思ったら、まとうよ!しかも狭い狭い踏み切りじゃん!歩行車道しかうちらも走れないような危ない道じゃん!!!

その後、再び小学生の女の子に会う。
狭い一人しか歩けないような橋でのこと。
老人の方や、普通のおじさんおばさん、犬の散歩の人とよくすれ違う。でも私は相手がわたって来るとわかると、いかずに待ってから渡る。でも98%は頭下げるでもなし、お礼をいうでもない。
お礼をいわれたいんじゃないの。
あたりまえのあいさつだと思うから。
それが特に犬の散歩の人はひどい。犬のペースで、トロトロ。きれそうです。

話は戻って、そこで、茶髪の明らかにギャル予備軍&遅刻常習者(いつも一人で歩いてる)に会う。小学生の方が早く橋を渡り始めたので、ゆっくりいこうと思うと、ちゃんと私が通れるようによけてくれた。

普通のことなんだろうけど、どうして私はこんなことで感動してるんだろう。
それだけ、世の中マナーが悪い大人が多いということか。

エゴの塊から、柔らかい人間になりましょうぞ!
[PR]

by himenobile | 2004-12-17 17:28 | ♪うらら日記