トンマッコルへようこそ

b0039246_19522779.jpg


トンマッコルへようこそを見た。
上映してるときから、なぜか気になってたのだけど、これも予想してたのとちょっと違ったかな~。
戦争コメディーっぽい映画なのかな?と思ってたら、
結構本気の戦争映画。

トンマッコルでの生活場面ではちょっとはゆったりできたけど、最後とかやるせないですよね~。
なんで全員死んでしまうの~~~~。

一番腹が立つのはスミス。
連合軍がきたときに、さっさとでてこいよ!!!!と怒ってました。


この映画を見る前にジョニデの「スウィーニートッド」を見たばかりで、血ばかりを見てたんですが、
トンマッコルもはじまって早々、戦闘シーンで血祭り。
もう・・・血はいいし・・・と気分悪くなりました。


それと、この時代の韓国が北朝鮮(と当時は呼ばなかったのかな)とアメリカの連合軍が戦争していたのって知りませんでした~~。
日本は第二次世界大戦以来は戦争してないから、まさかお隣がしていたとは。
本当に歴史が全然わかってない私です・・・。

相方君に全部説明してもらい、やっとこさ理解できました。

も~~~戦争映画はいやです。
血なまぐさいのとかもういい。


でも、なぜかこういう映画ばかりをチョイスしてしまうんですよね~~。
なんでだろ。
[PR]

by himenobile | 2009-10-11 19:59 | ♪映画